マークアップエンジニアとは?

マークアップエンジニアの業務内容について、過去にも取り上げたことがありますが、改めて、マークアップエンジニアという職種について、ご紹介いたしましょう。

マークアップエンジニアの業務について見ていく前に、マークアップエンジニアが取り扱う、マークアップ言語について確認しておきます。

マークアップ言語とは、具体的にはWebページ作成に欠かせない、HTMLやXHTMLのことです。

特徴は、ソースコードをコンピューターに理解させるために、タブと呼ばれるようなマーク(印)を付ける仕組みを持っている点です。

たとえば、Webページ向けに書かれたHTMLのソースコードは、それがHTMLで書かれたソースコードだということをコンピューターが理解できるように、最初に<html>と書く必要があります。

そして、どこまでがHTMLで書かれたものか終わりを知らせるために、</html>で閉じる必要があります。

このように印(Mark)を使って目立たせる(Highlight)からマークアップ言語(Markup language)という名前になったのでしょう。

続いて、マークアップエンジニアの業務について見ていきたいと思います。

まず、最初に言っておきたいのは、マークアップエンジニアという職種が存在するのは、おそらくWeb業界だけです。

HTMLなどのマークアップ言語はWeb画面を作るために絶対に必要なものですが、いわゆるプログラム作成にはまったく使えません。

そのため、マークアップエンジニアは、HTMLなどのマークアップ言語を扱える人材が重要視されるWeb系ではポピュラーというか、基幹となる職種ですが、逆にプログラミング言語を扱えるプログラマーが重要なその他の業界では、あまり必要とされていない職種となります。

続いて、マークアップエンジニアとコーダー、Webデザイナーの関係について見ていきましょう。

どれも“Webページを作る”というミッションが共通しているため、業務内容の違いが分からない、とよく言われますが、三つの職種はまったく異なるものです。

まず、Webデザイナーですが、簡単に言うと、「Webの見た目に責任を持つデザイナー」です。

クライアントの話を聞いて、どこに画像を配置するのか、といったレイアウトや、各画面の遷移フローなど体裁を考えるのが業務範囲です。

次に、マークアップエンジニアですが、マークアップエンジニアは「Webデザイナーが考えたデザインを実際に実装できるレベルの計画書に落とし込むエンジニア」です。

この設計の際は、Webデザイナーが指示した通りの“見た目”になるようにするだけでなく、検索エンジンでより上位に表示されるように、SEO対策として有効なソースコード(セマンティックデザイン)にすることが重要視されます。

SEO

そういう意味で、WebデザイナーはWebサイトの外面を設計する仕事、マークアップエンジニアはWebサイトの内面(論理面)を設計する仕事と分けることができるかもしれません。

そして、最後に残ったコーダーですが、「マークアップエンジニアの設計・指示に従って、マークアップ言語でソースコードを書くエンジニア」です。

ちょうど、システムエンジニアの作った仕様書に従って、プログラミングをしていくプログラマーと同じ立ち位置です。

もっとも、この三つの職種は密接にかかわっており、現実的には綺麗に役割分担されているとは限りません。

Webデザイナーがおらず、マークアップエンジニアがWebサイトの外面も内面も設計していることもあります。

また、国家検定である「ウェブデザイン技能検定」は、筆記試験に“HTMLで使われるタブの種類と役割”の知識がないと答えられない問題が出るなど、設計に関する知識が問われるだけでなく、実技試験でコーディング能力も試されます。

さらに言えば、現在のWebページの多くは、HTML5、CSS3、そしてプログラミング言語であるJavaScriptを組み合わせて作成するのが基本のため、“マークアップ言語しか分からないマークアップエンジニア”は、実質いないと言えます。

ついでに言うと、マークアップエンジニアという職種を置かず、フロントエンドエンジニアがマークアップエンジニアとしての役割を兼ねる運用も普通です。

転職支援サービスによっては“マークアップエンジニア/フロントエンドエンジニア”と一括りにしているところもあります。

このように、マークアップエンジニアという職種とその役割は、明確化されていないところがあります。

マークアップエンジニアの平均年収は?

転職支援サービス各社の求人サイトを見ると、マークアップエンジニアの平均年収は400万円弱程度と紹介されていることが多いように思います。

基本的には実作業者のコーダーよりは少し高いが、Web業界版プロジェクトマネージャーといえる、WebディレクターやWebプロデューサーよりは低い、といったところになります。

下位にプログラマー、上位にプロジェクトマネージャーがいるという意味で、同じような立ち位置のシステムエンジニアとの比較で、仕事量のわりに年収が低い、という意見もあります。

マークアップエンジニアの年収が高い業界は?

すでに上でも触れた通り、マークアップエンジニアはWeb業界特有の職種です。

ですので、業界間比較はできません。

Web業界の特徴として、いわゆるベンチャー企業も含めて社歴が浅いところが多いこともあり、年功序列の日本式給与体系ではなく、実力主義の報酬体系になっている企業が多いように思います。

また、フリーランスのマークアップエンジニア/フロントエンドエンジニアも多数おり、個人の能力に左右されやすいと言えます。

年収が高いマークアップエンジニアの特徴は? 

昨今のマークアップエンジニアのスキルで最も重視されるのは、上でも触れた「SEO対策として有効なソースコード(セマンティックデザイン)にできること」に尽きるかと思います。

国際的な科学者などのグループが提供している、「Internet Live StatsWeb」というサイトによると、2019年現在、全世界に約17億ものWebサイトが存在するそうです。

その中からGoogleなどの検索エンジンで上位の検索結果に持っていくためには、様々なSEO対策を駆使する必要があります。

セマンティックデザインの概念が含まれていないWebサイトが検索上位に来ることはまずありません。

もちろん、セマンティックデザインの良し悪しだけが、検索順位を決めるのではありませんが、「より優れたセマンティックデザインとすること」がマークアップエンジニアに求められる最重要ミッションと言えます。

他にコミュニケーションスキルも重要です。

チームの一員として働くことが多い、というのもありますが、フリーランスのマークアップエンジニアの年収は、結局のところクライアントとの待遇交渉次第です。

どのように自身の価値を高めてクライアントに売り込むのか、セルフブランディング・駆け引き能力に長けた人と、そうでない人の年収はやはり格差があります。

フリーランスでないマークアップエンジニアであっても、クライアントや上位者に気に入ってもらえると、評価されやすい、ひいては年収アップに近づくので、やはりステークホルダーと上手に付き合う技術は重要です。

まとめ:マークアップエンジニアは“やりがい”が大きい

すでにお伝えした通り、世界に多数あるWebサイトの中から、クライアントWebサイトを検索上位に持っていくお手伝いをするのが、マークアップエンジニアの任務です。

つまり、自分が作成にかかわったWebサイトの検索結果という形で、自分の仕事の効果測定ができる、という面があります。

もちろん、落ち込むこともあるかもしれませんが、自分の仕事の成果が分かりやすいため、やりがいを感じて働いているマークアップエンジニアが多いです。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!