近年、ビッグデータ解析やWebアプリ開発、人工知能に使用されているPythonの技術が注目を浴びています。Pythonは少ない記述量でわかりやすいコードが書けるという特徴があります。その利便性から世界中で広く利用されており、GitHubの人気言語調査では、世界2位を記録しています。

今回はそんな人気言語Pythonの副業について紹介します。

画像出典:GitHub(https://octoverse.github.com/)

Pythonの副業案件の単価相場

Pythonの副業案件の単価相場は、テクフリ上で見ると80万前後である場合が多く、副業案件の中でもかなり高単価であることがわかります。職種はデータサイエンティスト、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニアなど幅広い職種が副業案件として扱われています。機械学習やデータサイエンスの知識が必要となる案件は報酬が高くなる傾向があります。

Pythonの副業案件の例は以下となります。

タイトル 【Python】AI技術を活用したSaas型防災テックサービス
業務内容 報道機関、行政、BCP導入民間企業に選ばれる、 正確性・速報性・信頼性に優れたSaaS型防災テックサービスの開発を行っていただきます。SNSを中心に複数の情報ソースの中からAIを用いて、 自然災害・事件・事故・情報漏洩・SNS炎上・新型コロナウイルス最新情報など様々なリスク情報を提供するサービスです。
月額単価 〜110万
URL https://freelance.techcareer.jp/jobs/12382/
タイトル 【Python/Django】データプロダクトにおけるバックエンド開発
業務内容 業務内容 Pythonを用いたデータプロダクトにおけるバックエンド開発をご担当いただきます。
月額単価 〜83万
URL https://freelance.techcareer.jp/jobs/10098/

Pythonの主な副業案件

Pythonの主な副業案件は以下となります。自分が活かせるスキルや報酬と相談して、どの案件を受注するか決めましょう。

・アプリケーション開発

・データ分析・解析ツール開発

・ディープラーニング

・Webスクレイピング

・講師として初学者への指導

Pythonの副業案件の探し方

Pythonを使って副業を始めるにあたり、どのように案件を獲得すれば良いのでしょうか。クラウドソーシングサービスと転職エージェントの2つ軸に分けて例を紹介します。

クラウドソーシング/求人サイト/SNSで探す

まずは、クラウドソーシングや求人サイトのような求人を出している企業と直接つながることができるWebサービスを紹介します。

テクスカ

案件数は他社と比較すると少ないですが、質の高いスカウトが届くダイレクトリクルーティングサービスとなっています。一斉送信の機能がない為、企業からスカウトメールが大量に送られてくることがありません。Pythonの案件は現状少ないですが、他のエンジニアにスキルを評価してもらうことができる為、自分のスキルを測る目的で使ってみてはいかがでしょうか。

https://tech-scout.jp/

CrowdWorks

初心者向けの募集案件が豊富にあり、クラウドソーシングサービス初心者にお勧めのサイトです。また「経験不問」のカテゴリーで仕事を探すことができます。

https://crowdworks.jp/

Lancers

日本最大級のクラウドソーシングサービスで、質の高い案件が多いことが特徴です。24時間以内のメッセージ返信率:80%以上、クライアントからの評価: 4.8以上など、その他の条件を満たすと「認定ランサー」という認可を受けることができます。

https://www.lancers.jp/

YOUTRUST

信頼できる友達もしくは友達の友達から副業・転職のオファーが届くキャリアSNSです。報酬額はオファーがあった友人や「友人の友人」と直接交渉する形をとっているので、案件によって幅があります。知らない人ではないので、気軽に金額交渉ができそうですね。

https://youtrust.jp/lp

副業エージェントを使って探す

次に、要望を聞いた上でマッチしている企業を紹介してくれるエージェント型のサービスを紹介します。

Flexy

フリーエンジニア・デザイナー向けの、複数社での同時稼働、自宅勤務も可能な案件、フレキシブルな働き方が叶えられるサービスです。また、東急不動産とサーキュレーションの協業により、ビジネスエアポート4拠点(丸の内・東京・青山・品川)の快適なワーキングスペースを利用が可能となっており、非常に魅力的です。

https://flxy.jp/

Midworks

利用者の層は、月額単価60万円以上の高単価案件を目指しているスキルの高いエンジニアが多いことが特徴です。また、Midworksに登録後サポーターとカウンセリングが可能です。希望条件とスキルのヒアリングのみならず、キャリア相談にも応じてくれるようです。

https://mid-works.com/

クラウドテック

キャリアサポーターがフリーランサーと企業を仲介してくれるのがクラウドテックの特徴です。長期契約が中心となっており、常駐案件も多く掲載しています。在宅案件にも力を入れており、リモートの案件が多い印象を受けました。

https://crowdtech.jp/dashboard

レバテックフリーランス

1万件以上の案件を保有しており、高額案件が多いことがレバテックフリーランスの特徴です。会員の半数以上は30代〜40代と年齢層は高めです。リモートの案件は少ない印象を受けました。

https://freelance.levtech.jp/

Pythonで副業をするために最低限必要なスキル

クラウドソーシングサイトを見ていると、Pythonの副業案件にはWebアプリケーション開発やスクレイピングの案件が多いので、この3つは最低限押さえましょう。

・Pythonの基礎

・フロントエンドの基礎

・データベースの知識

Pythonの副業をする上での注意点(よくある質問)

・Pythonの副業案件はリモートでできるものが少ない

作業形態がプロジェクト単位であったり、コミュニケーションが重要となることが多い為、常駐案件がほとんどです。

・Pythonのライブラリを使いこなせるように勉強や経験を積んだ方がよい

Pythonを習得するには、その難しさから独学では時間がかかる為、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。最後にPythonが学べるおすすめのプログラミング学習サイトをご紹介致します。

Pythonが学べるプログラミング学習サイト

Pythonに特化したプログラミングスクールを紹介します。

aidemy

初学者でも安心できるサポートがたくさんついたプログラミングスクールです。

AIアプリ開発コース、データ分析コース、自然言語処理コース、AI マーケティングコースと、4つのコースが用意されています。また、「選び放題システム」を利用すると、自分に適したオーダーメイドの講座にカスタマイズすることが可能です。学習していてつまづく箇所があれば、パーソナルメンターがチャットでサポートしてくれ、24時間以内に返信が来ます。チャットのみならず、1回25分何でも聞けるカウンセリングを受けることができ、わからなかったところを画面を介しておさらいすることができます。

https://aidemy.net/

kikagaku

誰でも無料でAIについて学ぶことが可能なオンライン学習サイトです。

コンテンツは大きく2つあり、データサイエンスや機械学習など、それぞれの基礎を学ぶコースと、それらの基礎を用いて実装をするコースに分かれています。また、今年9月にリリースされたeラーニングプラットフォーム「ikus.ai」では、モチベーションの維持や円滑に学習を進めるためにチーム学習や、学ぶ道筋が整理されたコンテンツを用意するなど、工夫をこらしています。

https://www.kikagaku.co.jp/

まとめ

今回はPythonの副業案件の探し方やPythonの特徴についてご紹介しました。機械学習やデータサイエンスの知識が必要なため案件は高単価の傾向があり、Webアプリケーション開発やスクレイピングの経験があるとより単価が上がる傾向がある言語となります。この記事を通して、少しでもお役に立てましたら幸いです。

フリーランスエージェントに無料登録する

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!