スクラム開発とは?

スクラム開発の失敗 事例から失敗しない方法を伝授」でも触れましたが、まずはスクラム開発について、確認しておきましょう。

スクラム開発とはアジャイル開発の手法の一つです。多くの方がイメージする「5人から10人程度のチームで日々、打ち合わせを行って、進捗成果の確認をするアジャイル開発手法」がまさにスクラム開発です。

スクラム開発のメリットとして、ウォーターフォール型のシステム開発と異なり、最初に全要件を確定しておく必要がない、という点が挙げられます。その理由は、二週間から一か月ごとに開発期間を区切り、区切り事に開発し、区切りが終わった時点で、開発成果を確認していくため、随時の要件変更に対応しやすいためです。なお、この区切りのことをスプリントと呼びます。

随時の要件変更に対応することで、無駄な機能の開発を避け、本当に必要な機能の作り込みができる点が、スクラム開発(アジャイル開発)の最大のメリットです。

デメリットとしては、十人程度の“少数精鋭”で開発を進める負担の大きさです。ウォーターフォールであれば、設計は設計者、プログラミングはプログラマーと役割ごとに職種が分かれています。

しかし、スクラム開発では、メンバーが設計もプログラミングも行うことが求められます。そのようなスキルに幅のある人材の育成、確保はコストがかかります。また、短いスパンで何度も、設計とプログラミングを繰り返し行うのは大変です。スクラム開発はウォーターフォール型の開発よりも疲弊度が高いため、スクラム開発な長くても1年半で終わった方が良いという意見もあります。

ところで、スクラム開発を行うスクラムチームの構成員には三つのポジションがあります。

一つ目の役割は“チーム”と呼ばれる実際の開発者メンバーです。5人から9人で構成されるのが望ましい、と言われています。

二つ目が“プロダクトオーナー”です。ここでいうプロダクトとは納品物のことで、顧客の要望を受けて目的の納品物を作成するために必要なことを整理する、開発責任者です。主な業務としては、プロダクトバックログと言われるタスク管理簿の作成・管理するのが仕事になります。

三つ目の職務が、今回のテーマでもある、スクラムマスターになります。詳細は改めて説明しますが、簡単にいうとスクラム開発の支援者(スポンサー)です。直接、スクラム開発の進捗を管理しませんが、文字通りスクラム開発に精通したプロフェッショナルとして助言を与えるなど、スクラム開発が滞りなく進むように支援するのがミッションとなります。

この三者が相互連携して開発を推進していくのがスクラム開発の特徴です。

スクラムマスターの役割は?

スクラムマスターの役割は?

上でも軽く触れましたが、改めて、スクラム開発におけるスクラムマスターの役割を整理しましょう。

繰り返しになりますが、スクラムマスターの業務は直接スクラム開発の進捗を管理しない、スクラム開発チームがスクラム開発に取り組めるように支援することです。メンバーへの助言を含めた教育、チーム内外の関係者に働きがけを行うなど、問題のレベル感に合わせて、課題解決に向けたアクションを実施します。

スクラムマスターはスクラムチームの課題を把握するために、日々のスクラム会議に参加します。もっと正確に言えば、日々のスクラム会議の目的は、「前のスクラム会議から何をしたか(=昨日からなにをしたか)?」「次のスクラム会議までに何をする予定か(=明日までになにをするのか)?」「困っていることはあるか?」をスクラムマスターがメンバーに確認することにあります。

スクラムマスターはその性質上、サーバントリーダーシップを持っている人材であることが好ましいと言われます。ちなみに、サーバントリーダーとは、発案者のロバート・K・グリーンリーフ氏の著者曰く「まず相手に奉仕し、その後相手を導く者」のことです。

つまり、メンバーの意見に耳を傾け、メンバーや顧客などステークホルダーにとって幸せなスクラム開発環境構築を目指し、実現できる人が理想的なスクラムマスターです。

認定スクラムマスターの資格 難易度と勉強方法

スクラムマスターという職種は資格制ではありませんがスクラムマスターの能力を認定する資格があります。実は、認定スクラムマスターと呼ばれている資格には二種類があります。

一つは、Scrum Alianceというアメリカの非営利団体が実施するものと、もう一つは、スクラムアライアンスから分裂した、Scrum.orgという、やはりアメリカの非営利団体が実施するものです。Scrum Alianceの方が歴史が長く、日本での知名度も高いように感じます。

なお、Scrum Alianceの認定スクラムマスターはCSM、Scrum.orgの方はLMSと呼ぶそうで、今後、相互開放の可能性もあることを示唆する情報もあります。

受験資格ですが、Scrum AlianceのCSMでは資格試験を受ける前に、認定講師による研修を受けることが必須となっています。研修期間中、講師に不適切な言動があると判断された場合、受験資格のはく奪もあり得るそうです。Scrum.orgのLMSでも事前研修があります。

試験そのものの合格率は非常に高いものと推測されます。どちらも合格率は明らかにされていません。しかし、どちらの資格も事前研修があり、かつ無料でもう一回受験するチャンスがあります。また、受講生の合格率が低いと講師の評価にも関わるため、手厚い支援をしてもらえるようです。

なお、日本ではScrum AlianceのCSMはOdd-e Japanが、Scrum.orgのLMSは、Scrum Inc.が運営しています。受験料ですが、CSMは三日間で30万円/人、LMSは二日間で20万円/人となっています。試験そのものの難易度よりも、費用の捻出と研修参加日の調整の方が難しいように思います。

資格を取るとキャリアに役立つ?

アジャイル開発に関する資格は、Scrum AlianceのCSM、Scrum.orgのLMS以外にも、PMP試験で有名なPMIが実施しているPMI-ACP(アジャイル認定プロフェッショナル)や、イギリスのAPMG InternationalのAgilePgMなど、乱立している状況です。日本でも2018年7月からアジャイルソフトウェア開発技術者検定試験というものが始まっています。

まだまだ、資格の評価、価値が安定していないため、どの資格を取るのが良いのか、資格を取ったことで、どの程度の社会的な評価を受けられるか、まだまだ未知数というのが正直なところです。

現在のところ、Scrum AlianceのCSMが、もっとも国内で広く浸透しているように思います。ただ、日本でLMSを実施しているScrum Inc.には「au by KDDI」でおなじみのKDDIが参加し、全面的にバックアップしており、大手企業への導入ではリードしている印象を思っています。今後、大手SIerなどを中心にLMSの取得を推奨する流れが来るかもしれません。

また、PMI-ACPはスクラム開発に特化したものではありませんが、『アジャイルソフト開発宣言』に始まる、“アジャイルというマネジメント思想”について理解を深めるのに非常に役に立つものです。2018年6月から日本語での受験も可能になり、今後、取得者が増えるものと思われます。

いずれにせよ、アジャイル開発、スクラム開発について知識を得るために、資格取得を目指すのは非常に意味のあることだと思います。

まとめ:資格を取ることがマストではないが役には立つ

資格を取らなくでもスクラム開発に携わることも、スクラムマスターとして業務に参加することも、もちろん可能です。とはいえ、昨今、業界的にスクラム開発に関心が高まっており、スクラム開発について確かな知識、業務経験のあるエンジニアへの評価も高まっています。

知識の証明として、なにかしらの関連資格を取得することは決して無駄ではないでしょう。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!