Swiftとは?

SwiftとはLinuxやMacOS、iOSで動作するアプリ開発に用いられているプログラミング言語。

国内ではiPhoneなApple製品で動作するアプリ開発で特に需要があります。

そんなSwiftが開発、発表されたのは2014年。

当初は開発者に対するベータ版の提供からスタートしました。

2017年からは日本語への対応も発表されて2019年現在では多くの開発現場で用いられています。

Swiftの特徴

SwiftはiPhoneアプリなどApple関連製品のアプリ開発には欠かせない言語ですが、安全でインタラクティブなどいくつかの特徴があります。

ではここからは、Swiftの特徴について見ていきましょう。

▼直観的な開発が可能

SwiftはApple製品の開発のためにAppleによって作成されたプログラミング言語です。

そのためAppleの代名詞でもある直観的な操作が、Swiftにも取り入れられています。

Xcodeを活用することでスムーズに、直観的なプログラミングの記述でアプリ開発に取り組むことができます。

▼コーディングをシンプルにできる

Apple製品やMacOSのアプリ開発にはObjective-Cが多く活用されてきました。

SwiftはObjective-Cと比較するとセミコロンが不要であること、そして高速なコンパイラが採用されているという違いがあります。

そんためObjective-Cによるアプリ開発よりも、シンプルにコーディングできるという特徴があります。

▼開発環境の準備が簡単

他のプログラミング言語はテキストエディタなど開発環境の準備のためにインストールしなければいけないアプリケーションが複数ある場合が少なくありません。

しかしSwiftはXcodeがあればすぐに開発をはじめることができます。

XcodeのダウンロードはMac App Soreから無料で実施できます。

▼初心者でも学びやすい環境(アプリ)が提供されている

Swiftは初心者でも学びやすい学習環境が提供されています。

プログラミングの記述がシンプルという特徴もあり、他のプログラミング言語と比べても習得のハードルは高くはありません。

Swift学習用のアプリとしては、iPad用アプリであるSwift Playgroundsがあります。

Swift Playgroundsは、ゲーム形式でSwiftのコードの基本を学ぶことができます。

Appleが開発したアプリのため、学習内容も信頼性が高くSwiftの初学者には有用なアプリだといえるでしょう。

Swiftの現状 ~給与と業界の動向について~

~給与と業界の動向について~

Swiftは比較的新しいプログラミング言語ではありますが、iPhoneやiPad、MacOSの開発に特化していることもあり多くの企業が活用しています。

またSwiftはAppleが開発したプログラミング言語であり、ロボットやドローンへの指示を出す際にも利用することができます。

シンプルで使いやすいという特徴もあるため、Swiftの需要は現状で充分にあり、今後もその需要は続くことが期待できるといえるでしょう。

またSwiftの技術を習得してからフリーランスエンジニアとして独立できれば月収は60万円~110万円程度が見込めます。

この報酬は弊社が提供しているマッチング案件提供サイトtechcareer.freelanceに掲載されているSwiftのスキルが求められるエンジニアの月額報酬です。

仮に月収が60万円であったとしても、年収としては720万円を稼ぐことができるからです。

案件によって提示されている報酬には幅がありますが、エンジニアの月額報酬としては決して低い金額ではありません。

参考として経済産業省が公表している「IT関連産業の給与等に関する実態調査」では、Swift の技術を含むと考えられる、SE・プログラマ(ソフトウェア製品の開発・実装)の平均年収は603.9万円です。

Swiftの技術を身につけてフリーランスとして独立することができれば、平均以上の給与を稼ぐことができる可能性は充分にあるといえるでしょう。

Swiftの将来性 ~業界の動向について~

Swiftはシンプルにコードを記述できるだけでなく、書きやすいという特徴があり多くのエンジニアから指示されているプログラミング言語の一つです。

しかしGithubの公開ページに掲載されている「Top languages over time」には含まれていないプログラミング言語となるため、JavaScriptやPython、Javaと比べると人気は劣るといえるでしょう。

Top languages over timeではMacOSのアプリ開発で主要であったObjective-Cが2016年までランクインしていましたが、2017年からは10位以降のランク圏外となっていることが分かります。

2017年以降は徐々にObjective-CからSwiftへの切り替えを進めている企業があると仮定すれば、Swift の需要は今後伸びていく可能性は充分にあります。

またSwiftの技術の需要はiOS、MacOSのアプリ開発の需要ともある程度関係してくることが予想できます。

Appleは日本国内でも絶大な人気がありますが、世界中からの一定の需要を獲得することに成功しています。

Apple製品の人気が今後も長期的に続く可能性について考慮すれば、Swiftの将来性は充分にあるといえるでしょう。

Swiftの将来性 ~給与について~

Swiftの将来性は充分にありますが、給与について相場が今以上に高騰することは期待できません。

なぜなら現在のIT業界はエンジニアが不足しており、他の業界と比較しても比較的高い水準の報酬が既に用意されているからです。

実際にフリーランスとして独立すれば月額報酬が100万円を超えてくる案件を狙うことができます。

高い報酬を獲得するためにはそれなりのスキルと実績が必要ですが、ある程度Swiftの実務経験を重ねることができれば高い報酬を目指せる可能性は充分にあります。

このような給与面から見てもSwiftは将来性があると考えることができます。

また比較対象として経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査」では、IT業界の職種別の平均年収が公開されています。

Swiftの技術が関連する職種だと考えられる盤設計担当/基盤アーキテクチャの年収は778.2万円。

SE/プログラマの年収は603.9万円です。

これらの年収からSwiftの技術を習得してフリーランスとして独立できれば、平均年収を上回る年収を目指せることが分かります。

【まとめ】Swiftは将来性があるがAppleの動向に注意が必要

Swiftは将来性があるプログラミング言語であることに間違いはありませんが、Appleの動向への注意は必要です。

Swiftが普及してきたことで、Objective-Cの需要が下がったように新たなプログラミング言語が今後開発される可能性はゼロではないからです。

そのためSwiftのスキルを習得してエンジニアとして活躍する場合、ある程度Appleの動向に注意することが欠かせないといえるでしょう。

しかしプログラミング言語はある程度の基本を覚えてしまえば、同系統のプログラミング言語の習得のハードルはそこまで高いものではありません。

スマートフォンアプリ開発やiOSの開発経験をある程度重ねることができれば、仮にSwiftの需要が下がることがあったとしてもエンジニアとして活躍できる可能性は充分にあります。

Swiftの技術を身につけてエンジニアとして高い報酬を目指す場合は、ただ技術を磨くだけでなく市場の動向に合わせて必要なスキルを身につける、柔軟な視点も必要だといえるでしょう。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!