社会保障 サラリーマンとはこんなに違う

正社員の場合は給与という報酬以外に、福利厚生や保険があります。これらの社会保障はフリーランスではどうなっているのか見ていきます。

まず、正社員の場合は社会保険というものに入っています。労災保険という言葉を聞いたことはないでしょうか。労働中に発生した怪我や病気に対して医療費が出るという保険であり、この保険は会社員であれば自動的に加入されることになります。

ただ、フリーランスの場合はこの保険は任意加入となってしまいます。しかも、フリーランスとしての任意加入であると、会社員時代に出ていた業務中での怪我や病気に対しての医療費負担である傷病手当金はもらえません。フリーランスとしての業務中の怪我や病気での医療費負担を減らすには民間の保険に入るしかありません。

また、保険料に関しては今まで会社と個人で折半して払っていたものを、今度は個人のみで支払わなければなりません。そのため、保険料は今までの2倍になってしまいます。

福利厚生に関してもフリーランスの場合は当然ないので、自分自身でフリーランスのための福利厚生サービスに加入する必要があります。このようなサービスの代表例としてフリーランス協会のベネフィットプランがあります。

このベネフィットプランにおいては保険・福利厚生・コミュニケーションツール・会計ツール・金融サービス・法務税務相談・バーチャルオフィス・デザインツール・カウンセリング・コンサルティング・ジョブマッチング・ヘルスケア・家事代行サービスなどが加入によって特典を享受できるようになります。

今見てきたようにフリーランスの社会保障に関しては自分から加入する必要があり、正社員とは異なり、加入するのに費用がかかってきます。

社会保障を補う任意保険

まず、社会保障を補う任意保険についてです。フリーランスの方はサラリーマンの方と比べても、社会保障が手薄なことがわかったと思います。社会保障を補う任意保険は加入必須の保険といえるでしょう。国民健康保険と社会保険の2つがあります。

まず、国民健康保険についてです。国民健康保険は加入者やその家族が病気や怪我で医療が必要となった場合に、その医療費の一部を負担してくれる保険となっています。すべての人に加入義務がある保険です。国民健康保険は市町村か国民健康保険組合が母体として運営しています。

保険料に関してですが、加入者の前年度の収入や世帯単位での加入数・年齢・年収に応じて保険料は変化します。そのため、前年度に年収が高い方はその分高い保険料を支払うことになるため要注意です。

また、会社員時代は扶養という概念が保険にはあり、被保険者が保険料を支払っていれば、その被保険者の扶養者は保険料を支払う必要はありませんでした。ただ、フリーランスとして国民健康保険に加入すると家族はそれぞれ国民健康保険の被保険者となるので、保険税が個別にかかってきます。世帯主がそれらの保険税を負担する必要がでてきます。

続いて、社会保険です。社会保険は医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険から構成されるものとなっており、国民の生活を助けるための保険となっています。例えば、労災保険は労働中に発生した怪我や病気に対して医療費が出るという保険であり、この保険は会社員であれば自動的に加入されることになります。

ただ、フリーランスの場合はこの保険は任意加入となってしまい、自分で手続きしなければ加入することができず、一定の条件を満たさないと加入することができません。しかも、フリーランスとしての任意加入であると、会社員時代に出ていた業務中での怪我や病気に対しての医療費負担である傷病手当金はもらえません。

このように任意保険である国民健康保険や社会保険のみでは、フリーランスとして生きていくには手当が薄いです。よって、民間の生命保険や損害保険、所得補償保険などの加入を検討する必要があります。

おすすめの生命保険

フリーランスにとっておすすめの生命保険についてご紹介します。生命保険に入っておくと、死亡時に保険金が支払われる・事故などで怪我にあった際に保険金が支払われる・家族の事故などによる怪我・死亡に関して保険金が出ます。生命に関わることなので、保険には入っておきたいところです。

おすすめの保険は東京海上日動あんしん生命が提供しているメディカルKit Rです。この保険は保険料の使わなかった部分が戻ってくるということが大きな特徴です。特に若く、病気にかかるリスクが少ない期間に、掛け捨て保険に入ってしまうことはもったいないと考えている方におすすめです。

保険に入りつつも、貯蓄も気にしたいという方にはおすすめできる保険です。

おすすめの損害保険

フリーランスとっておすすめの損害保険についてご紹介します。損害保険にはいっておくと、交通事故に加えて地震・火災などの天災によって生じた損害を補償するための保険です。また、何らかの不利益を相手に被ったとして請求される損害に対する損害賠償保険もあります。

会社員の場合に、損害賠償を起こすようなトラブルを発生させてしまうと、その賠償は会社が負担してくれる場合が多いですが、フリーランスとなると責任はすべて自分で負うことになるため、万が一のために損害保険に入っておきましょう。

そこで、おすすめなのが、フリーランス協会が提供するベネフィットプランです。一般企業で提供されているような福利厚生がセットとなったプランで、損害賠償保険も含まれています。対物対人事故や著作権侵害対策、情報漏えい対策、納品ミス対策もこの損害賠償保険で賄えます。

おすすめの所得補償保険

続いてフリーランスにとっておすすめの所得補償保険についてご紹介します。所得補償保険とは、怪我や病気で働けなくなった場合に保険金が出る保険制度のことです。フリーランス協会・損保ジャパン日本興亜・株式会社安田保険センターが共同で開発した保険商品であり、フリーランス協会が提供する所得補償制度がフリーランスにとって一番おすすめの保険となっています。

所得補償プラン・傷害補償プラン・親孝行サポートプラン・介護サポートプランもセットになった保険であり、ここまで手厚い所得補償保険はなかなかありません。

フリーランス協会に加入して、この保険に加入することで、40%引きで保険に加入することができるので、是非フリーランス協会の加入も合わせて、検討してみてください。

その他 おすすめ任保険

その他のおすすめ任意保険としてはフリーランスが入ることのできる保険として文芸美術国民健康保険組合が挙げられます。

文芸美術国民健康保険組合とは、公式ホームページによると、「昭和28年4月1日国民健康保険法に基づき、厚生省(現 厚生労働省)の認可を経て設立し、国の事業を代行する公法人です。」と記載されています。簡単に説明すると、デザイナーやイラストレーターとして活動するフリーランスに保険を提供している組合です。

文芸美術国民健康保険組合はフリーランスにとって注目されている保険ですが、なぜ注目されているかというと、毎月の保険料が一定額だからです。国民健康保険は加入者の前年度の収入や世帯単位での加入数・年齢・年収に応じて保険料は変化します。前年度の収入が高ければ、その分高い保険料を取れられてしまうのです。

文芸美術国民健康保険組合の場合、逆に収入が低い場合は国民健康保険の方が安く済む場合もあるので、自分自身が国民健康保険に加入するといくらかかるのかという情報と比較検討することが良いでしょう。

政府のフリーランス保険整備について

ここまで読んできて、フリーランスは社会保障や保険制度が手薄だと感じた方は多いと思います。その点に関しても政府は問題意識を持っているようで、政府が推進する働き方改革の一環として、平成29年3月に政府がフリーランスの団体保険創設を提言しました。

販売は損害保険会社がすることになりますが、現在販売されているフリーランス向けの保険を更に拡充した内容となっており、フリーランス協会を通して入会すると最大で5割引きになるといった特典もあります。

また、保険外ではフリーランスに対して最低報酬を設定するよう提言しているなど、フリーランス保護に向けた動きは法整備において拡大しています。

まとめ:任意保険は手当が薄い

フリーランスのおすすめ任意保険 というテーマで今回はお伝えしました。いかがだったでしょうか? 今回お伝えしたかったことは以下のとおりです。

  1. フリーランスの社会保障に関しては自分から加入する必要があり、正社員とは異なり、加入するのに費用がかかってくる
  2. 任意保険である国民健康保険や社会保険のみでは、フリーランスとして生きていくには手当が薄いので、民間の生命保険や損害保険、所得補償保険などの加入を検討する必要がある
  3. 政府のフリーランスを保護しようという動きが進んでおり、法制度がフリーランスにとって有利になる可能性がある

今回の記事でフリーランスが入るべき保険の全体像をお伝えしました。是非今回の記事を参考にしてどの保険に加入すべきか考えてみてください。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!