一定のスキルや実績があれば、会社のオフィスに出社することなく、リモートワークやフリーランスといった働き方で在宅で仕事ができるのがプログラマーの魅力です。一方で、自分で案件を獲得したりスケジュール管理を徹底したりと、やるべきことも増えてきます。

ここでは在宅でプログラミングの仕事をしようと考えている方向けに、仕事探し方から具体的な仕事内容、スケジュール管理やクラウドサービスの利用に関して解説していきます。

どこから受ける? 仕事の探し方

リモートワークで在宅勤務するのであれば、会社に属しながら仕事を行なうことができます。そうではなく、会社を辞めて独立し、フリーのプログラマーとなるのであれば、自分で案件を獲得してくる必要があります。

-コネや以前の取引先

多くの人は、以前の勤務先の案件を紹介してもらったり、これまでに付き合いのあるクライアントから継続で案件を割り振ってもらったりして仕事を続けています。すでに信頼関係を構築しているお客さんとの取引なので、安定して収入を得られるのが最大のメリットです。

会社に属していた経験がある方なら、転職・独立した元先輩や元上司といったコネクションを生かすことで、プログラミングの仕事を請け負うことができる可能性も高まります。その意味では、会社で働いているうちから人脈作りやコネクション構築に力を入れるべきと言えるでしょう。

-クラウドソーシングサイト

「クラウドワークス」「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトでは、プログラミングの仕事を外注したいと考える企業や個人のクライアントと契約し、求められるシステムやアプリを開発することで報酬を手にすることができます。

実績のあるクライアントもそうでないクライアントも存在し、外注が初めてという企業も慣れている企業もクラウドソーシングサイトを利用します。その意味ではクライアントの質としては玉石混交で、時には相性の悪いクライアントと当たってしまうこともあるでしょう。

報酬も比較的割安な傾向にはあるものの、案件の数が多く仕事に困りにくいのが特徴。自分のペースで仕事を受けることができ、案件をこなすごとに実績が蓄積して声がかかりやすくなっていくメリットもあります。

-エージェントを利用

フリーランス一人ひとりにマッチした案件を紹介してくれる、エージェントを利用するのも一つの手段です。キャリアカウンセラーや人材会社の営業担当者のような側面も帯びているので、親身になって相談してもらいやすいのがメリット。

エージェントを介して継続的に案件を紹介してもらうことも可能なので、安定した売上に結びつくのも特徴です。場合によっては、キャリアサポートや福利厚生サービスを受けられるところもあります。

「手数料やマージンの比率が高いのでは?」と思われる方も多いかもしれませんが、「企業→エージェント→プログラマー」のように、企業から直受けで案件を紹介してもらえるエージェントだと、間に入る企業が少ないことから高い報酬を得やすくなる傾向にあります。

具体的にどんな仕事がある?

在宅勤務OKのプログラマー求人を探してみると、「ベンチャー企業の案件」「スマホアプリ案件」の2種類が、特に大きなウエイトを占めています。

既成概念にとらわれず、自由な働き方を認めようとする傾向にあるベンチャー企業であれば、フリーランスとして働くプログラマーに声をかけてくることが多くなります。大手企業と比べると若干不安定かもしれませんが、イチからサービスを作り上げていく醍醐味が味わえる案件となるでしょう。

プログラマーを募集しているベンチャー企業を探し、フリーランスとして契約するか、もしくはその企業に入社してリモートワーク制度を使うのが、在宅で働くための道となります。複数の会社と契約を結んで収入を得たいなら前者、一つの会社で集中して開発に取り組みたいなら後者の働き方を選択すると良いでしょう。

在宅作業

また、IT業界でも特に活発で人材不足が顕著なスマホアプリ開発の案件であれば、在宅勤務のプログラマー募集がかけられている可能性が非常に高いです。チームでプロジェクトを進めることが重要になる大規模案件では在宅勤務が認められないことが多いですが、少数精鋭のアプリ開発案件なら、フリーランスのプログラマーにもチャンスがあります。

クラウドソーシングサイトやエージェントからの紹介で、スマホアプリ開発に携われる在宅案件がないか、調査してみると良いでしょう。

リモートワーク環境の作り方 スケジュール管理からクラウド利用まで

在宅でプログラミングの仕事をしようと考える場合、会社に属している時には気にも留めなかったことが、仕事上の支障になることがよくあります。

たとえば、出社や通勤がなくなり、自宅が職場となることから仕事・プライベートの境界が曖昧になってしまうことがあげられます。そこで重要になってくるのが、スケジュール管理です。

おすすめなのはGoogleカレンダーを使って、打ち合わせの予定や納期などを一覧にしておくことです。手帳に記入する方法でも構いませんが、予定が変更になった時のことを考えると、Googleカレンダー上で管理する方がベター。

Googleカレンダーならクライアントとの共有もしやすく、パソコンでもスマホでも環境を選ばず使用できますので、フリーのプログラマーには心強い味方です。

在宅でプログラミングの仕事を行なうのであれば、クラウドを利用したバックアップも必ず取るようにしましょう。使用しているツールやファイルは可能な限りDropboxやGoogleドライブといったクラウドに保管し、トラブルがあった際にもすぐに仕事を再開できるようにしておくわけです。

2台目、3台目のパソコンを用意することも忘れてはいけません。たった1台しかパソコンを用意していないと、そのパソコンが故障した際に仕事が完全にストップしてしまいます。修理が終わって手元に戻ってくるまでの間、まったく仕事を受けられない状態になるため、クライアントに迷惑がかかるだけなく信頼喪失にもつながってしまいます。

余裕があれば、ネット回線も複数個用意しておくと良いでしょう。自宅に引いている光回線の他に持ち運べるモバイル回線が一つあると、何らかのトラブルでネットに繋がらなくなってしまった場合にも復旧可能です。

プログラミングの在宅作業 メリット&デメリット

最後に、プログラミングの仕事を在宅で請け負う上での、メリットとデメリットについてもお伝えしておきましょう。

メリット1.通勤時間が不要

電車に揺られてオフィスに出社する通勤時間がまるまるカットできるのは、在宅勤務の大きなメリットです。通勤時間の分を仕事に割り当てたりスキルアップのための勉強に使ったりすることで、さらに高年収を狙うことも可能です。

メリット2.働くタイミングや場所も自由

極端なことを言えば、自宅のベッドで寝転がって、スマホの音声入力を使って仕事をしていても、誰にも文句は言われません。納期さえ守ることができれば、朝早くに仕事をしたり深夜にプログラミングをしたりしても自由です。

メリット3.人間関係に悩まされることが少ない

クライアントとのメール・チャットのやり取りや、カフェでの打ち合わせが発生することはあるものの、基本的に自分だけで仕事に取り組むことができます。上司や同僚との人間関係に悩まされることがなくなるので、人によってはのびのびと働けるようになるでしょう。

デメリット1.意志の力が弱いとサボってしまいがち

自分の働きぶりを監視する同僚や上司がいなくなるわけですので、意志の力を持って仕事に取り組む姿勢が必要になります。自分に甘く、人に言われないと動けないタイプの人は、在宅勤務を始めることで仕事の効率が落ちてしまう可能性があります。

デメリット2.孤独との戦いになる

人間関係に悩まされないということは、逆に言えば仲間と協力して一つのことを成し遂げたり、雑談に花を咲かせたりすることも難しいということでもあります。上手に気分転換するすべを身につけないと、ストレスで体調を崩してしまうこともあるでしょう。

デメリット3.収入が不安定で社会的信用も乏しい

フリーランスとして在宅で働く場合、最初のうちはどうしても収入が不安定になります。自営業と同じ立場なので、会社員よりも社会的信用が低く、クレジットカード発行の審査に通らなかったり、賃貸アパートが借りられなかったりするケースも出てきます。

まとめ:クラウドサービスを使って案件を探してみる

ここで紹介したようなメリット・デメリットを踏まえ、それでも在宅でプログラミングの仕事がしてみたいと考えるのであれば、最新のクラウドサービスをうまく使って案件を探してみることからスタートしてみましょう。

うまくいけば会社員時代よりもずっと多くの収入を得ることが可能になる働き方ですので、チャレンジしてみたい方は今すぐに行動しましょう。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!