会社員であれば会社単位で健康保険に加入することになりますが、フリーランスになると加入する保険は自分で選ばないといけません。国民健康保険に加入するのが一般的ですが、ほかにも「国民健康保険組合」に加入することで、割安かつ手厚い保障を受けることもできます。

今回はフリーランスにとっての保険組合について、国民健康保険やフリーランス協会と比較しながら解説していきます。

国民健康保険について考えてみる

日本には「国民皆保険制度」が存在しますので、日本国民であればなんらかの公的保険に加入しなければなりません。私たちが病院で支払う代金が治療代の3割ですんでいるのは、この国民皆保険制度のおかげなのです。

会社員の場合は、一般被用者保険と呼ばれる健康保険に加入します。これは保険料が労使折半されていることが大きな特徴で、会社員自身が支払う保険料は半額となります。

フリーランスになると、一般的に「国民健康保険」に加入することになります。市区町村単位で運営されている公的医療保険であり、事業者本人とその家族が加入することができます。市区町村によって保険料も異なるため、加入する前には事前に市区町村のホームページでチェックしておくとよいでしょう。

市区町村によって保険料が異なるということは、保険料が安い地域に引っ越すことによって、簡単に支払いを抑えられるということでもあります。実は国民健康保険料の地域差は意外と大きく、年間で20万円以上の違いが生じます。大まかな傾向として、人口が少ない地域ほど保険料が高く、人口が多い地域ほど保険料は安くなっています。

エンジニアやデザイナーなど、働く場所に制限がないフリーランスであれば、国民健康保険料が安くなる都市部に引っ越すことも検討して損はありません。

最近会社を退職したばかりのフリーランスであれば、会社で加入していた健康保険の「任意継続」という制度を利用することもできます。退職日までに2ヶ月以上健康保険に加入していた実績があるなら、最長2年間は会社の健康保険を継続することができるのです。

任意継続を選択することによって、これまでは会社が半分負担してくれていた保険料を全額、自分で支払わなければいけなくなりますが、扶養家族の保険料を負担せずにすむメリットがあります。国民健康保険は扶養家族全員に保険料が課されるため、たとえ2年間だけであっても任意継続を行ったほうがお得になるケースもあります。

なお、国民健康保険に加入しない、いわゆる無保険の状態を続けることは、国民皆保険制度の基本から逸脱することになります。もし保険料の滞納を続けてしまうと、保険証が「短期保険証」に切り替わり、最悪の場合は財産の差し押さえが行われるリスクもあります。

とはいえ、国民健康保険は所得に応じて保険料が増加する仕組みになっているため、保険料が割高に感じられたり、支払うのが困難になったりするケースもあるでしょう。そんなときには、フリーランス向けの保険組合を利用すると、保険料を抑えられるかもしれません。

フリーランスの保険組合 どんな種類があるの? フリーランス協会は?

どんな種類があるの?

保険組合とは、正式には「国民健康保険組合」という制度になります。特定の職業のフリーランスだけが加入できる保険で、所得額にかかわらず保険料が一定となっている保険組合もあるため、人によっては保険料を節約することが可能になります。

文芸美術国民健康保険組合

フリーランス向けの保険組合として代表的なのは、「文芸美術国民健康保険組合」です。ライターやデザイナーといった、文芸・美術に関わる職業の人だけが加入できる保険となっています。

保険料は所得にかかわらず19,600円と定額ですので、収入が多い人ほど保険料がお得になる計算です。目安としては年収300万円を超えると、国民健康保険よりも割安になってきます。家族は10,300円で加入することができ、支払い方法は口座振替が用意されています。支払い回数は年6回〜1回から選ぶことが可能。

加入手続きの際には、確定申告書の控えとA4用紙に印刷した作品例を提出する必要がありますのでご注意を。

東京美容国民健康保険組合

ほかにも東京都内に事業所を構える人だけが加入できる「東京美容国民健康保険組合」などがありますので、自分の住んでいる地域や携わっている仕事内容で、加入できる保険組合が存在しないか調べてみるとよいでしょう。

フリーランス協会

保険組合ではありませんが、フリーランスを始めて長く働いてきた人なら「フリーランス協会」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。フリーランス協会とは、「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」のことを指し、フリーランスのための互助組織という側面があります。

フリーランス協会の一般会員になることで、大きく分けて2つのメリットを得ることができます。

1つは、フリーランス協会の一般会員になると、賠償責任保険が自動付帯されます。

補償内容としてチェックしておきたいポイントは対人・対物の事故だけでなく情報漏えいや納期遅延などフリーランス特有の賠償リスクにも備えがあるところです。

納品物の瑕疵についても補償の対象となっているため、準委任契約以外の契約でフリーランスエンジニアとして仕事を受けることがある場合、メリットとしては大きいと考えることができます。

フリーランス協会の一般会員になるもう1つのメリットは、フリーランス向けの手厚い福利厚生を受けられる点です。株式会社イーウェルによる福利厚生サービス「WELBOX」が自動付帯となるほか、会計税務・法務相談・キャリア支援など、さまざまな分野における提携企業の優待を受けられるのです。

収入アップを目指したい人にはうれしいスキルアップ支援や、健康が気になるフリーランスにぴったりの健康診断優待など、個人で仕事をするうえでは利用したいサービスばかり。

フリーランス協会は保険組合ではありませんので、国民健康保険のような公的な医療保険の代わりになるものではありません。しかし、年会費1万円でこれだけのサービスを受けられることを考えれば、加入しておいて損はないでしょう。

まとめ:保険組合を選択することで節約

フリーランスも日本国民の一人である限り、何らかの保険に加入しなければなりません。会社で加入していた健康保険を任意継続する方法や、国民健康保険に加入する方法もありますが、保険組合を選択することで保険料を節約できるケースもあります。

ここで紹介した保険・保険組合をじっくりと検討し、自分に合った保険に加入してフリーランスの大切な資源である健康を守りましょう。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!