フリーランスの方は、フリーランスになる際や、フリーランスなってから様々な書類を提出する機会があります。例えば、フリーランスになった際は開業届、フリーランスになって一年間の税金を申告する際に確定申告が必要となります。

それらの書類を提出する際に、屋号という欄があります。フリーランスとして活動されている方は、屋号とは何か知らないという方も多いと思います。

今回はそこで屋号とは何か?屋号の必要性、屋号をつける際の注意点も含めてお伝えしていきます。

屋号とは? 商号との違いを解説

まず、屋号とは何かお伝えします。屋号とは個人事業主として活動する際の名前となります。

事業を法人化して運営する際には、「株式会社〇〇」「〇〇株式会社」といったように、法人名が必要となります。法人名があることによって、業種のイメージが付きやすく、どのような会社なのかわかりやすいといったメリットがあります。

例えば、システム開発会社であれば、「システム」「IT」「エンジニアリング」「デジタル」等といったキーワードを法人名に含めることで、お客さんがシステム開発会社であることをイメージできるようになります。

フリーランスでも同じように、企業の法人名にあたるものが、フリーランスの屋号となります。屋号があることで、その人がどのような事業を行っているのか、誰が事業を行っているのかがわかりやすくなります。

フリーランスとして飲食店や小売店などの店舗形式のものを開業する際は、「○○屋」「○○サロン」「○○商店」といったようにどのようなお店かわかるものが良いです。

また、フリーランスとして事務所や塾を開いている場合は、「○○事務所」「○○塾」「○○オフィス」といったようにこちらもどのような業種・業態のものかわかるものが良いです。

その他のフリーランスとして活動している方で、個人名で活動するという方には屋号がないという場合も多いです。本名では無く、ペンネームを使用して活動しているという場合には、ペンネームが屋号にあたります。

屋号は先程お伝えしたとおり、お店の名前や事務所の名前、本名以外のペンネームに付ける名前であります。

商号は企業の法人名にあたるものです。企業が法人化する際に商号登記をすることが義務付けられています。逆に、フリーランスは商号登記が義務付けられておらず、屋号を商号として登記することが可能となっています。

これでは屋号と商号が一見同じに見えるかもしれませんが、法的拘束力があるか無いかが大きな違いとなってきます。

屋号は比較的自由に名前を付けることができますが、商号では使える記号・文字が限られている、使えない名称がある、同一住所で同一商号が禁止されている等、商号として付ける名前の制約があります。

「個人事業の開業・廃業等届出書」には、屋号を記入する欄がありますが、商号登記や商標登録されている名前、「株式会社」や「コーポレーション」など法人だと誤認させるような名前を使わない限りは比較的自由に、屋号を付けることができます。

屋号は比較的自由に名前を付けることができると同時に、法的拘束力が無いので他人が同じような屋号を使用しても、自分自身の屋号の権利を一切主張することができないというデメリットがあります。

一方で、商号は名前として付けられる制約がいくつかあるので、名前として付ける自由度は屋号に比べて下がりますが、自分自身の商号と誤認させるような商号を他人が使用できないようにする権利があります。

このように屋号と商号では、法的拘束力の有無に違いがあります。商号を付ける際には、商号として付けられる名前の条件を調べる、近くの法務局にて同一の商号が無いか調べる等して、自分の商号が使えるのかチェックする必要があります。

フリーランスに屋号は必要か?

フリーランスに屋号は必要か?

続いて、フリーランスに屋号は必要なのかどうなのか見ていきます。結論から言うと、フリーランスに屋号は必要ないです。屋号を付けることは必須条件ではないからです。

先程もお伝えしたとおり、フリーランスとして活動するには店舗型の事業を行う場合や、事務所や塾を開く事業の場合、更にはエンジニア・デザイナーとして個人で仕事を受注し行う場合もあります。

屋号を使ったほうが良いのか、悪いのかということは置かれている立場によります。

店舗型の事業を行う場合、事務所や塾を開く事業の場合では屋号を付けたほうが、どのような事業をしているのか名前でわかりやすく、相手に認識してもらいやすいというメリットがあります。そのため、これらの場合では屋号を付けるほうが好ましいと言えるでしょう。ただ、屋号を付けることがが必須ではないです。

一方で、エンジニア・デザイナーとして個人で仕事を受注し行う場合には、個人名のみで仕事ができるため、屋号が必要とならない場合が多いです。SNS等であるペンネームを使い活動しているといった方はペンネームを屋号として活動した方が好ましい場合もあるでしょう。

もし、屋号が必要となる場合はフリーランスとして開業する際に、「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出しますが、その書類の屋号の欄に屋号として付けたい名前を記入します。一方で、屋号が必要ないという方は屋号の部分を空欄にして提出します。

屋号で気をつけることは?

屋号には、商号と比べて法的拘束力が無く、比較的自由に名前を付けることができるとお伝えしました。しかし、何でもかんでも屋号として名前を付けることができるというわけではありません。

そこで、屋号として名前を付ける際に、気をつけるべき注意点を2点ほどご紹介します。

1つ目は、「株式会社〇〇」「〇〇株式会社」、「○○法人」といったように、法人を表すような名称を付けないということです。なぜなら、これらは法人格を持つ法人について付けると決まっている言葉だからです。

もし、これらの名前を付けることが可能であるとすれば、フリーランスと法人が混同してしまい、トラブルに発展しかねません。また、「○○証券」「○○銀行」といったように法律で定められている特定業種名を付けることも禁止されています。

2つ目は、商標登録がなされている屋号を使うべきではないということです。

違う業界で商標登録がされている屋号を使うことは問題にならないですが、同じ業界で商標登録がされている屋号を使うと、訴えられることや差止め請求が起こる可能性があります。

屋号は商号に比べて付けられる自由度が高いものの、付けた名前によってはトラブルが起こる可能性があります。ぜひこの2点を注意してトラブルが起きないように心がけましょう。

まとめ

「フリーランスなら知っておきたい 屋号とは?」というテーマで今回はお伝えしました。いかがだったでしょうか? 今回お伝えしたかったことは以下のとおりです。

  1. 屋号はお店の名前や事務所の名前、本名以外のペンネームに付ける名前
  2. 屋号と商号は法的拘束力があるか無いかが大きな違いとなる
  3. 法人を表すような名称を付けない、商標登録がなされている屋号を使うべきではないということに注意して屋号の名前をつける必要がある

フリーランスとして開業することを考えている方、屋号を付けたいけれどどのように付けたら良いのかわからない方は、ぜひ今回の記事を参考に屋号を付けるか付けないか、どのような屋号を付けるか考えてみてください。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!