フリーランスなら選択できるノマドとは何?

ノマドとは働く場所に縛られず、ITの活用を前提として色々な場所で仕事をするワークスタイルのこと。

 

ITが社会に普及するまでは一般には認知されていないマイナーな働き方でしたが、無線LANやクラウドサービスが普及したことにより実践のハードルが下がり、多くのIT系フリーランスが取り入れている働き方でもあります。

 

具体的なライフスタイルとしては自宅や会社など固定の職場のみで働くのではなく、カフェやコワーキングスペースなども活用しいて働くケースがあります。

 

パソコン一台で世界中を旅しながら仕事をする人もいるため、ノマドを取り入れることでライフスタイルを大きく変えることは珍しいことではありません。

 

またノマドは出社義務を前提としていないリモートワークの正社員も働き方として選ぶことができます。

 

リモートワーカーの場合、自宅やコワーキングスペースなど固定の仕事場を持つことが一般的ですが、固定の場所で作業をしなければいけないわけではありません。

 

様々な場所で作業するスタイルが合っているならノマドは魅力的な働き方だといえるでしょう。

 

 

ノマドはテレワークに含まれる働き方でもある

テレワークとは、2020年の東京オリンピックの混雑を解消する手段として政府が推奨しいている働き方の一つです。

 

経済産業省の公表資料「提案型ダイバーシティワークショップ」では、2020年に向けての国民運動として、東京都が推進する「快適通勤ムーブメント」運動とも連携して推奨することが記されています。

 

テレワークは自宅など会社が指定する場所で作業をする意味合いが強くなります。

 

ノマドはテレワークの概念に含まれる働き方でもありますが、様々な場所で作業することを前提としています。

 

テレワークと比較して考えるならノマドの方がより自由度の高い働き方だといえるでしょう。

 

参考:経済産業省「提案型ダイバーシティワークショップ」

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shojo/2020_mirai/pdf/006_06_00.pdf

 

 

おすすめの仕事場所! 自宅からコワーキングスペースまで

IT系フリーランスはノマドを実践しやすい働き方です。

 

エンジニアやデザイナーであればリモートワークを前提としている案件が少なくないからです。

 

リモートワークの仕事を受注することができればノマドを実践するフリーランスとして働くことは難しいことではありません。

 

ではノマドを実践する場合、どのような環境を仕事場所として選ぶことができるのでしょうか。

 

ここからはノマドを実践するフリーランスの仕事場所を順番に見ていきましょう。

 

 

【おすすめの仕事場所1】自宅

フリーランスとしてノマドを実践する場合でも自宅は大切な仕事場所の一つです。

 

子育てなど何かしらの事情で自宅に滞在する必要がある時でも、自宅を仕事場所としておけば外出の必要なく仕事を進めることができます。

 

自宅を仕事場所にするメリット・デメリット

自宅を仕事場所にするメリットとしては、前述の通り子育てをはじめとした家庭生活と仕事を両立しやすいことがあります。

 

デメリットとしては自宅だと気持ちが緩み、集中力が途切れてしまうケースもあります。

 

 

【おすすめの仕事場所2】コワーキングスペース

コワーキングスペースは多くのフリーランスが活用している仕事場所ですが、ノマドを実勢する際にも有用な仕事場所となります。

 

なぜならコワーキングスペースは月額単位だけでなく、時間単位や半日などスポットでも活用できるのが一般的だからです。

 

スポットの利用であれば、その日の気分によって仕事場所を選びたい場合でも問題なく利用することができます。

 

コワーキングスペースを仕事場所にするメリット・デメリット

コワーキングスペースを仕事場所にするメリットとしては、カフェやファミリーレストランに比べると作業に集中しやすい点があります。

 

実際にコワーキングスペースは作業しやすい高さに調整されたデスクや、高さを調整できる椅子などが設置されているケースが少なくありません。

 

またコワーキングスペースに集まっている人は基本的にフリーランスが多いため、程よい刺激を受けながら作業に取り掛かることもできます。

 

コワーキングスペースのデメリットとしては、コミュニケーションが盛んなところに入ってしまうと、集中して作業できない可能性があることです。

 

コワーキングスペースは交流を重視しているところもあるため、活用する際は目的に合わせたコワーキングスペースを選ぶことが大切です。

 

 

ホテルの部屋

 

【おすすめの仕事場所3】ホテルや旅館の一室

フリーランスがノマドを実践するなら、ホテルや旅館の一室も仕事場所にすることができます。

 

旅をしながらフリーランスとして働く場合、ホテルや旅館を利用する頻度は自然と多くなるものです。

 

宿泊先を仕事場所として活用することで仕事の効率を高めることにもつながるので、旅をしながら働きたいと考えている人には特におすすめの仕事場所です。

 

ホテルや旅館の一室を仕事場所にするメリット・デメリット

ホテルや旅館の一室を仕事場所にするメリットは、隙間の時間を有効に活用できることがあります。

 

寝る前の時間や早朝などホテルや時間であればちょっとした時間に作業を実施することができます。

 

最近では執筆などの作業に集中できるように環境が整っているホテルや旅館もあるため、そういった目的に合わせた宿泊先を選ぶことで作業が捗る可能性はあるといえるでしょう。

 

デメリットとしては、カフェなどに比べるとコストがかかることがあります。フリーランスとしての売上がそこまで高くない場合、経費が大きくなり過ぎる懸念があります。

 

 

【おすすめの仕事場所4】カラオケボックス

ノマドを実践するフリーランスにとってはカラオケボックスも快適な仕事場所となります。

 

周囲の部屋の歌声は多少聞こえてきますが、個室で作業できるためカフェなどオープンな場所よりは集中して作業しやすい環境となります。

 

カラオケボックスを仕事場所にするメリット・デメリット

カラオケボックスを仕事場所にするメリットとしては、前述の通り個室なので集中できるということがあります。

 

デメリットは夜間など時間帯によっては使えないことがあります。

 

夜間や夕方など大勢の人が利用する時間は雰囲気もガヤガヤとしてくるため、仕事場所として利用するなら平日の日中など静かな時間が狙い目となります。

 

 

ノマドの場合、セキュリティーはどうしているのか?

フリーランスとしてノマドを実践する場合、セキュリティー対策が欠かせません。リモートで仕事をしていると社外秘の重要な文書を受け取ることも少なくありません。

 

そういった文書を流出させることは大きなリスクとなるため、自分の身を守るためにも、パソコンのセキュリティーは欠かせないといえるでしょう。

 

セキュリティー対策として重要なポイントは二つあります。

 

一つ目はセキュリティーソフトの導入です。

 

信頼性がある優良なセキュリティーソフトを最適に活用することで、フィッシング詐欺などリスクがあるサイトを回避できるようになります。

 

フリーランス自身の個人情報を守るためにも、セキュリティーソフトを導入することは重要です。

 

二つ目のセキュリティー対策はネット接続をする際に、信頼できる通信手段を利用することです。

 

公共の無料Wi-fiを利用する場合は、必ずパスワードがかけられているものを使いましょう。

 

パスワードなしで利用できる無料Wi-fiは悪意のある攻撃を簡単に実施できるため、利用するだけでもリスクとなります。

 

これらの二つはパソコンを使って仕事をするフリーランスにとっては基本的なことですが、スマートフォンやノートパソコンなどのデバイスにパスコードを設定しておくことも大切です。

 

万が一端末を紛失した場合も想定することで、セキュリティー対策はより強固なものにすることができます。

 

 

【まとめ】フリーランスは仕事場所を選べるがセキュリティには気をつけよう!

ここまで紹介してきたように、ノマドを実践するフリーランスは仕事場所を自分で選ぶことができます。

 

これはライフスタイルを重視する人にとっては大きな魅力だといえるでしょう。

 

しかし様々な場所で仕事をすることは、セキュリティーを考えるとリスクがある行為でもあります。

 

特に盗難や忘れ物によるデバイスの紛失があった場合、失うものはクライアントからの信頼だけではありません。

 

フリーランスとしてノマドを実践するなら、セキュリティリスクも考慮して最適な仕事場所を選ぶことをおすすめします。

 

 

参考:経済産業省「提案型ダイバーシティワークショップ」

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shojo/2020_mirai/pdf/006_06_00.pdf

 

IPA「情報処理推進機構」

https://www.ipa.go.jp/security/measures/everyday.html

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!