SESエンジニアと派遣エンジニアは、どちらもクライアント企業のオフィスで働くことが多いですが、まったく異なる存在です。その点は皆さん、理解していると思います。

ですが、実際なにが違うのかを問われると、説明できない方が多いと思います。

そこで今回は、SESエンジニアと派遣エンジニアの違いを開設すると同時に、「SESと派遣どっちが良いのだろう?」と悩んでいる方向けに、簡易的ではありますがチェックシートもご紹介いたします。

SESと派遣の違いを解説

まずはSESと派遣のビジネスモデルの違いから理解しましょう。

SESはシステム・エンジニアリング・サービス(System Engineering Service)の略ですが、簡単にいうと「ITエンジニアが必要な仕事を外注したクライアント企業に対応するサービス」です。SESエンジニアは、クライアント企業から外注契約を受注したSES企業の責任・指揮下で仕事を行います。

対して、派遣こと労働者派遣事業は、「クライアント企業の人材提供依頼に応じて、自社で雇用する労働者を派遣するサービス」になります。派遣エンジニアは、派遣先企業の責任・指揮下で仕事を行います。

一番の違いは “作業者に対して指示を出せるのは誰か?”ということです。

SESエンジニアに対して、SES企業ではなくクライアント企業が直接、指揮しており、事実上、派遣エンジニアとして運用している状態は違法となります。これが違法請負です。

SESの契約 その注意点

SESと派遣の違いは、契約を見るとよりわかりやすくなります。そこで両者の契約について見ていきたいと思います。

まずは、簡単な方のSESから見ていきましょう。SESの契約は以下の二方向のみです。

雇用契約・労働契約:SES企業⇔SESエンジニア

SES契約:クライアント企業⇔SES企業

雇用契約とはお給料や福利厚生について雇用主と労働者で合意して取り交わされる契約です。対して、労働契約は、労働者と使用者(その労働者を実際に働かせる人・組織)の間で労働条件について取り交わすものです。

SESエンジニアとクライアント企業の間に繋がりがないため、直接指示できないのが、良く分かるかと思います。

さて、SES企業で働くSESエンジニアの“身分”についても確認しておきましょう。基本的にSESエンジニアはSES企業の正社員です。安定感がありますし、会社の中で等級や役職を上げることで年収アップにも繋がります。ただし、会社の一員として組織のルールには厳格に従う必要がある、というデメリットもあります。

特に次の案件への異動でそれが顕著になります。会社の仕組みや規模がどれほど整っていても、本人の意思に反した案件へアサインされることがあります。スキルアップのために、今まで経験のない技術領域に挑戦したいと思っていても、会社として、その新たな技術領域に進出しない方針であれば、その願いは叶えられないでしょう。

私の知り合いの中には「ある案件に携わりたくて、そのSES企業に入ったが、その案件終了後に行くように言われた案件が納得いかず転職した」というアグレッシブな方もいます。

派遣の契約 その注意点

続いて、派遣の契約について見ていきましょう。派遣の契約は以下の通り三方向になります。

派遣契約:クライアント企業⇔派遣会社

雇用契約:派遣会社⇔派遣エンジニア

労働契約:クライアント企業⇔派遣エンジニア

SESの場合、雇用主も使用者も同じでしたが、派遣の場合、雇用主は派遣会社、使用者はクライアント企業と分かれています。

派遣企業と契約する際に、気を付けたいのは、一言で派遣と言っても「登録型(一般派遣)」と「常用型(無期雇用派遣)」の二種類があるという点です。

登録型はクライアント企業から人材派遣の依頼に応じて、登録者の中から適切なメンバーを提供するタイプの派遣です。登録型の場合、登録者の方で案件の選り好みができる、というメリットがある一方、案件に参加していない“待機状態”時は収入がゼロになる、というデメリットもあります。

もう一つの「常用型(無期雇用派遣)」は、ある現場で長期間働けることを前提に、毎月一定の給与が支払われるタイプの派遣です。“待機状態”になって収入がゼロになるリスクはなくなります。ただし、派遣会社ごとに異なりますが、通常、年齢制限や正社員の採用試験に準じた選別テストをパスしなければならないなど、制約を設けられていることが多いです。

それだけ聞くと登録型派遣とSESの良いとこ取りに聞こえるかもしれませんが、結局は派遣社員であって、正社員ではありません。派遣切りに合うことも考えられます。

しかも、常用型の派遣社員の方が待機状態になった場合、派遣会社からすれば、“ただ飯喰らいの給料泥棒”です。一刻も早く、どこかの現場に入るようにとプレッシャーをかけられがちです。最悪の場合、本人の気が進まない現場に入れられることもあります。

いずれにせよ、派遣社員はあくまで非正規労働者です。クライアント企業の正社員と同じ仕事をしていても、基本的には正社員のように昇給や昇進はありません。余計な責任を負わずに済み、身軽である、と言えますが、年収アップは難しいところがあります。

また、クライアント企業がある派遣社員を一定期間(4年)以上働かせたいならば、自社の社員にしなさい、というルールになっています。逆に言えば、それより短い期間であれば、いつでも派遣切りできる、ということになっています。様々な現場を渡り歩ける、と言えますが、環境や立場が安定しないとも言えます。

自分はどちらに向いているのか? 簡易チェックシートで判断

自分はどっち?

SESと派遣どちらの方が向いているのか判断材料となる6つの質問をご用意いたしました。

価値観

収入よりもワークライフバランスが重要だ。

一つの技術領域を高めるよりも、様々な技術領域に触れてみたい。

仕事でステータスが上がって責任が増えると、嬉しさよりも、苦しさを感じる。

正社員という肩書にこだわりはない。

性格

自分は新しい環境への適用力が高い。

自分は対人ストレス耐性が高いと思う。

6つの質問のうち、4つ以上が「はい」であれば、派遣向きと言えます。

質問の趣旨を解説すると、①~④の質問は働き方の価値観を確認するものです。派遣社員は正社員ではありませんから、派遣社員という肩書に負い目を感じる人にはおすすめできません。

また、すでにご紹介いたしましたが、派遣社員は非正規労働者として、出世は望めず、給与も上がりにくいです。ただし、その分、プライベートを充実させることが可能です。そして、組織のルールに縛られず、好きな案件に入れる余地があります。

⑤と⑥は性格について質問するものです。派遣社員の場合、3年に一度は現場が変わって、人間関係もリセットされてしまいます。そのことが、どの程度心理面に影響するのか確認する内容です。

もちろん、SESでも配置転換、人間関係のリセットはあります。しかし、SESは同じ会社のメンバー数名でチームを組んで働きますし、クライアント企業の担当者との折衝はリーダーが担ってくれる(はず)です。

しかし、派遣は同じ会社の仲間と言っても、先輩・後輩という概念が成立しません。また、個々の派遣社員が直接、クライアント企業の担当者と仕事をする必要があるので、より心理的なストレスを感じやすいのです。

まとめ:SESと派遣の違いは説明できないとダメ!

何度もお伝えしていますが、SESと派遣はまったく異なるものです。

その違いがわからないままSESや派遣で働きだしてしまうと、思い浮かべていたキャリアプランと異なる仕事を行う羽目になったり、偽装請負にも触れましたが、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

SESと派遣の違いをしっかり理解した上で、「だから自分はSES/派遣で働いている!」と言えるようになるのが望ましいと思います。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!