Cとは

高速でコンパクトなプログラムを実現できることが大きな特徴となっているプログラミング言語です。1972年にAT&T研究所にてブライアン・カーニハンとデニス・リッチーによって開発されました。

彼らはコンピューターシステムの基盤となるオペレーティングシステム(OS)であるUNIXを開発していましたが、その後にパーソナルコンピューターの普及と共に、C言語は使い勝手の良さから爆発的に普及しました。

C言語はコンピューターの標準的な言語として扱われ、教育の場でもプログラミング言語として標準であるC言語を教える機会が非常に多いです。

習得の難易度は他のプログラミング言語に比べて高いですが、C#,C++,Objective-C,Go言語などC言語をベースに開発された言語も多く、プログラミングの根幹・基礎を学ぶにはC言語が最適だといわれています。

このように歴史としてはかなり長いですが、未だに多くの方に使われているプログラミング言語となっています。

また冒頭でもお伝えしたとおり、C言語の大きな特徴としてプログラム実行の際の実行スピードの速さが挙げられます。

プログラムを実行する際には、書かれたソースコードを機械が読めるように機械語に翻訳する必要があるのですが、C言語では全てのソースコードを翻訳した後に実行するコンパイルという方式をとっているのでプログラムの実行スピードが非常に速くなっています。

このプログラムの実行スピードは非常に重要視されているので、コンピューターに使われるソフトウェアやゲーム・Webアプリケーションだけでなく、皆さんが普段使っている家電や自動車などの電子機器にもC言語が使われています。

Cはどれくらい使われている?

Githubでは、どの言語でプルリクエストがどれくらい行われているかということを公開しています。C言語は10位となり、他のプログラミング言語全体に比べてプルリクエストの比率が低くなっています。

C言語は3.536%となっており、23.394%で1位のJavaScriptに比べるとかなり差があることがわかります。

他のプログラミング言語のプルリクエストの多さからC言語の比率は下がっており、トレンドとしても下落しています。C言語に代わる他の言語の台頭によってC言語の人気は落ちています。

ただ、C言語は皆さんがご存知のGoogleの社内標準言語に指定されていたり、ゲーム開発にも利用される言語なので有名IT企業でも使われている言語になっています。

特に日本だと家電メーカーなどを中心に幅広く使われています。C言語を用いた開発ではGithubを用いて開発することが少ないので、ランキングでは低めに出てしまいますが、実際はかなり多くの企業で使われています。

Cは転職に強いのか

C言語について見てきましたが、実際にキャリアを考える上でC言語は転職に強いのかどうかということは重要になってきます。

結論から言うと、C言語は転職に強いと言えます。なぜなら、C言語を用いて開発を行っている企業は多く、C言語を使えるエンジニアに対する求人も多いからです。

C言語を使いこなせるエンジニアの需要は高いので、待遇面では好条件で転職ができます。求人検索エンジンスタンバイが発表したプログラミング言語別年収ランキング2018では、C言語が10位となる525万円に輝いています。最大提示年収は1000万円となっており、求人数は9347件となっています。

C言語を使いこなせて要件定義や基本設計などの上流工程まで出来るエンジニアは需要が高いので、ここができるだけで更に高待遇を受けやすいです。年収1000万円も夢ではありません。

また、求人数が他のプログラミング言語に比べてかなり多いので、転職しやすさという安定を求めている方にはおすすめの言語となっています。

最近ですと、C言語の後釜として注目が集まっているGoogleが開発したコンパイル言語であるGo言語に注目が集まっています。

Go言語にC言語が取り代わるのではないかとも言われていますが、C言語はWebサービスの開発を中心に使われているGo言語と異なり、OSやハードウェアの制御など幅広い分野で使われている言語なので今後も求人は続くでしょう。

Go言語は人気のプログラミング言語ランキングで9位となっており、C言語よりも今勢いのある言語なので、こちらもチェックしみて下さい。

Cは転職に強いのか

活躍できる業種と年収

今まではC言語についてとC言語は転職に強いのかについて見てきました。ただ、C言語を使う職場に転職した場合に「そもそもどういう職場に転職できるのか?」ということについてここではお伝えしていきます。

IT業界ではインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4つに分類することができます。C言語を使えるとインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4つどこでも活躍することができます。

まずインターネット・Web業界はWebメディア・ショッピングサイトなどの自社サイトを運営している企業が多いです。自社のプラットフォームの設計・開発・運用やデータ基盤の構築などの案件があります。ただ、これらの企業はC言語よりも比較的新しいRubyやPythonなどを採用している企業が多いので、古くから存在するC言語を採用するという企業は少ないです。

最近ですと、C言語の後釜と言われているGo言語を自社のサービス開発に採用する企業が多いのでますますC言語を採用するインターネット・Web業界の企業は少なくなっています。

また、情報処理サービス業界ではセールスエンジニアとしてクライアントにWebアプリ開発の提案を行うこともあれば、エンジニアとしてWebアプリの開発をすることもあります。

ソフトウェア業界ではプログラマーかSE(システムエンジニア)としてWebアプリ開発の下流もしくは上流工程に加わることになります。

最後にハードウェア業界です。ハードウェアの制御はC言語によって成されることが多いです。実際にエンジニアとしてC言語を用いてハードウェア制御の開発に携わることになります。

特に日本はものづくりの国なので、家電や自動車などプログラミングで制御されているハードウェアの開発が進んでいます。そのため、必然的にハードウェア開発のエンジニアが多く必要となってくるので日本の機械産業がある限りはC言語の需要は非常に大きいです。

実際にこのハードウェア業界の求人がC言語では一番多く、大きな特徴として他のプログラミング言語に比べるとこの業界での求人が圧倒的に多いです。

まとめ:高い将来性

今回はC言語に関して転職を絡めて見てきました。

今回お伝えしたかったことは以下の3点です。

  1. C言語は高速でコンパクトなプログラムを実現できることが大きな特徴となっているプログラミング言語
  2. C言語の求人数は非常に多く、転職に強い
  3. C言語の求人はハードウェア業界が多く、安定している

C言語は現在も多くのハードウェア開発・ソフトウェア開発ともに使われています。今後も様々な業界で使われ続けていくことが予想されるので、将来性も高いです。C言語の求人案件に応募しようと思っている方は、今回の内容を参考にぜひ次のステップに進んでみてください。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!