C#とは?

C#は2000年にマイクロソフト社が公開したプログラミング言語です。

C#はマルチパラダイムプログラミング言語であり、複数のスタイルを持ち合わせていますが、クラスとインスタンスで構成されているオブジェクト指向をメインのスタイルとして持った言語です。

C#と聞くとC言語やC++と似たようなプログラミング言語かなと思う方が多いと思いますが、全く別物といってよいほど異なり、C言語やC++よりも多彩なアプリケーション開発ができます。

ただ、C#の文法がC言語やC++、Javaと似ているのでこれらの文法を一通り習得している方はC#にとっつきやすいでしょう。

実際にC#によってWebアプリケーション、スマートフォン向けアプリケーション、PC向けアプリケーションなどかなり幅広い領域での開発ができます。ただし、マイクロソフト社が開発しリリースしたということもあり、Windows向けに作られているのでMacやLinuxでは開発がしづらいです。

しかし、Windowsでは非常に開発がしやすく、統合開発環境(IDE)の「Visual Studio」を使うことで開発のしやすさがグンと伸びることがC#の良さです。

C#の今 現在の需要と年収

C#がどのようなプログラミング言語かわかったところで、C#は現在需要と年収があるのかどうかということを見ていきます。結論から言うと、C#は需要があり、年収もそこそこ高いです。

まず、需要に関してですが、ITエンジニアの需要はプログラミング言語に問わず全体的に高く、その中でもプログラミング言語によって差があるというのが現状です。その中でもC#の需要は高くなっています。

需要の高さは転職に強いのかということでわかりますが、C#は転職がしやすくなっています。なぜならC#エンジニアを求めている企業が増えているおり、C#を使いこなせるエンジニアの希少価値が高くなっているからです。

そもそもC#を扱えると業務アプリケーションやAndroidアプリケーション、iOSアプリケーションなどの幅広い開発ができますが、最近だとゲームがC#によって開発されることが多いので需要が高まっています。特にC#を用いてVRゲームを開発するという仕事が最近増えています。

年収に関しては企業によって異なり、500万〜800万の求人が多い印象です。

ただ、C#を使いこなせて要件定義や基本設計などの上流工程まで出来るエンジニアはなかなかいないので、ここができるだけで更に高待遇を受けやすいです。年収1000万円も夢ではありません。

転職の際はC#を用いた開発経験があることがベストですが、もし無い場合は文法が似ているJavaやC++のサーバーサイド開発経験があると有利に転職を進められます。

また「プログラミングの基礎ができている」「コミュニケーションをしっかり取れる」と更に転職しやすいでしょう。

C#は学習コストが高いので学習が大変と言われていますが、今見てきたように高待遇の求人が多いというリターンが大きさが大きな魅力となっています。

言語、転職のどちらの将来性も高いのでC#エンジニアとして活動することはおすすめです。

C#でどのような仕事が出来るのか?

今まではC#について現在の需要と年収について見てきました。C#を使う職場に転職した場合に「そもそもどのような仕事ができるのか?」ということについてここではお伝えしていきます。

IT業界ではインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4つに分類することができます。C#を使えるとインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界の3つどこでも活躍することができます。

まずインターネット・Web業界はWebメディア・ショッピングサイトなどの自社サイトを運営している企業が多いです。転職の求人ではこのインターネット・Web業界が一番多く、自社のプラットフォームの設計・開発・運用やデータ基盤の構築などの案件があります。

また、情報処理サービス業界ではセールスエンジニアとしてクライアントにWebアプリ開発の提案を行うこともあれば、エンジニアとしてWebアプリの開発をすることもあります。

ソフトウェア業界ではプログラマーかSE(システムエンジニア)としてWebアプリ開発の下流もしくは上流工程に加わることになります。

C#の求人案件では、自社開発の案件が多いです。そのため、インターネット・Web業界での求人が多くなっています。特にVRやゲーム開発の求人が昔よりも増えており、この傾向は今後も続くでしょう。特にVR開発をしている企業は先見の明があり、会社として様々な事に挑戦していく気概のある企業が多いので働いてて楽しいでしょう。

C#の将来性 個別に検証 年収はどうなる?

活躍できる業界

続いてC#の将来性について年収に関してですが、年収は将来的に高くなると言えるでしょう。最近では、C#を採用する企業は増えています。

特に、ゲーム開発をするベンチャー企業やその他の大手IT企業でC#による開発がなされており、今後そのような傾向は更に高まるでしょう。

当然C#を採用する企業が増えることで、現在の転職市場において、C#による開発ができるエンジニアを複数社で取り合っている状態になっていますが、この企業間による競争は将来的に更に激化するものと思われるからです。

企業間は優秀なエンジニアを取るために待遇面で好条件を提示せざるを得ない状態になっているので、C#を扱えるエンジニアの年収は今後更に上がるものと思われます。

C#の将来性 個別に検証 需要はどうなる?

続いてC#の将来性について需要に関してですが、需要は高いと言えるでしょう。

特に今話題のVRはC#によって開発されることが多く、2016年がVR元年と言われていたため、VRの波は今後ますます加速していくものと思われます。ゲーム開発はかなり難易度が高いですが、今後の需要増加を見越すと美味しい選択肢かもしれません。

SonyやGoogleといったIT企業ではVRゲームやその他のVRサービスを発売していますし、今後さらに多くの企業がVRゲームやサービスを提供していくことになるでしょう。

そのようなVRゲームやサービスはC#によって開発されている場合が多いので、C#の需要は高まっていくでしょう。

このように転職のしやすさからC#エンジニアをキャリアアップを目指すことは非常におすすめできる選択肢です。

まとめ:VRの普及に比例するC#の需要

C#の将来性 あらゆる角度から徹底検証 というテーマで今回はお伝えしました。いかがだったでしょうか? 今回お伝えしたかったことは以下のとおりです。

  1. C#エンジニアを求めている企業が増えているおり、C#を使いこなせるエンジニアの希少価値が高くなっているため、C#は需要があり、年収もそこそこ高い
  2. ゲーム開発をするベンチャー企業やその他の大手IT企業においてC#は更に使われ、年収が高くなると予想される
  3. VRゲームやサービスはC#によって開発されている場合が多く、今後VRが更に普及することからC#の需要は今後高くなると予想される

C#が今後更に使われるという一つの大事なキーワードがVRです。VRが発達すると仕事や学習などの人生の時間で大きな時間を占めることがVR上で出来るとも言われています。社会を大きく変える可能性があるものなので、C#を習得しておくと可能性が広がるのではないでしょうか。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!