Rustとは

Rustは速度、安全性、並行性の3つのゴールにフォーカスしたシステムプログラミング言語です。 2010年7月にMozilla Summitにて公開されました。そのため、比較的新しいプログラミング言語と言えます。

Rustが開発されたきっかけですが、2006年にGraydon Hoare氏が趣味でRustの開発を始めました。その後にソフトウェアデベロッパーであるMozillaが開発チームを編成し、本格的な開発が始まりました。

Mozillaは世界中で使われているブラウザであるFirefoxを開発している企業であり、FirefoxはRustによって開発されています。Firefoxはブラウザのシェア率が7.52 %(2018年8月)となっており、世界で3番目に使われているブラウザになっています。

Firefoxを使えばサクサクと高速にアプリケーションが動作することがわかるでしょう。使ったことない方はぜひFirefoxを使ってみて下さい。Rustの凄さが実感できます。

速度に関しては、ネイティブに近い形で実行されるので実行速度が高速です。安全性に関しては変数に寿命や所有権を与えることで担保されています。並行性に関してはマルチスレッドと呼ばれる1つのプロセスを複数のスレッドに分割して実行する方法が取られています。

また、プログラミング言語にはC++のようなコンパイル言語とRubyのようなスクリプト言語があります。コンパイル言語では人が理解できるコードをコンピューターが理解できるように変換しますが、スクリプト言語ではこのような変換はありません。Rustはコンパイル言語の仲間に入ります。

Rustは同じコンパイル言語であるC++で不可能であったメモリ管理を簡単にしながらも、高速でアプリケーションを動かせるということを実現するために開発されました。

続いてRustの特徴をもっと見ていくと、Rust公式ホームページに以下がRustの特徴として挙げられています。

  • ・ゼロコスト抽象化
  • ・ムーブセマンティクス
  • ・保証されたメモリ安全性
  • ・データ競合のないスレッド
  • ・トレイトによるジェネリクス
  • ・パターンマッチング
  • ・型推論
  • ・最小限のランタイム
  • ・効率的なCバインディング

かなり難しい用語が並んでいるため、わからない方はスルーして頂いて大丈夫です。

最初にRustの特徴で挙げた速度、安全性、並行性に全て通じています。

Rustはどれくらい使われている?

Githubでは、どの言語でプルリクエストがどれくらい行われているかということを公開しています。Rustは14位となり、他のプログラミング言語全体に比べてプルリクエストの比率が低くなっています。ただ、トレンドとしてはRustは上昇しており、多くの人々に使われるようになっていることがわかります。

Rustのパーセンテージは0.704%となっており、1位のJavaScript23.394%と比べるとかなり差があることがわかります。

なぜトレンドとしてRustが上昇しているかというと、CやC++に代わるプログラミング言語と言われているからです。

先程も触れましたが、C++のメモリ管理の問題をRustは解決しており、その問題を解決するために使われている所有権という独特な機能が多くのエンジニアを惹きつけています。

Stack Overflowのアンケートでは、2015年と2016年、2017年共に最も愛されているプログラミング言語にRustが輝きました。それほど多くのエンジニアから信頼されている言語ということです。

リリースされた当時は不安定だと言われていましたが、バージョンが更新されていくうちにかなり安定してきたと言えます。

Rustは現在も大きな成長を遂げている先進的な言語なので、今後はさらに多くのエンジニアに使われていくでしょう。

Rustはどれくらい使われている?

Rustは転職に強いのか

Rustについて見てきましたが、実際にキャリアを考える上でRustは転職に強いのかどうかということは重要になってきますよね。

結論から言うと、Rustは転職に強いとは言えません。なぜなら、Rustを使っている企業はごくわずかしかないからです。

Githubでは、どの言語でプルリクエストがどれくらい行われているかというランキングでは14位でしたが、それは海外で使われていることが多いからです。日本ではRustを使うことは一般的ではなく、未だにCやC++を使うことが一般的です。

Rustを学習されている方は第一言語ではなく、第二言語として使うために学んでいる方が多いです。今では仕事よりも趣味でのアプリケーション開発にRustを使っている方が多い印象です。

Rustを使えるエンジニアを募集している企業は少ないですが、RustはCやC++に代わる将来性のあるプログラミング言語です。日本語での情報も増えつつあるので、少しずつ人気が出てきていることがわかります。

もしかしたら今後、日本でもRustを採用する企業が増えるかもしれません。Rustを使えるエンジニアは少ないので今後に備えて勉強しておくことは良いでしょう。

Rustで活躍できる業種と年収

今まではRustについてとRustは転職に強いのかについて見てきました。ただ、Rustを使う職場に転職した場合に「どのくらいの年収を貰えるのか?」「そもそもどういう職場に転職できるのか?」ということについてここではお伝えしていきます。

IT業界ではインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4つに分類することができます。Rustを使えるとインターネット・Web業界、ソフトウェア業界の2つで活躍することができます。

まずインターネット・Web業界はWebメディア・ショッピングサイトなどの自社サイトを運営している企業が多いです。Rustの場合はベンチャー企業で使われていることが多く、仮想通貨取引所などのFintech系サービスで使用されていることが多いです。

ソフトウェア業界ではプログラマーかSE(システムエンジニア)としてiOSアプリ開発の下流もしくは上流工程に加わることになります。Rustの場合はデータ収集機器のソフトウェア開発や認証基盤のソフトウェア開発などのお仕事があります。

年収に関しては500万円以上のものが多く、年収1000万以上の求人案件もいくつかあります。

求人案件の絶対数は少ないものの、Rustを使えるエンジニアが少ないので年収は他のプログラミング言語よりも高くなっています。

特に仮想通貨取引所のシステム開発など最新の技術が必要になる求人案件は年収が高く設定されています。

Rustは将来性もあるので、狙い目かもしれません。

人気のプログラミング言語Rustのまとめ

今回はRustに関して転職を絡めて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

今回お伝えしたかったことは以下の3点です。

  • ・Rustは速度、安全性、並行性の3つのゴールにフォーカスしたシステムプログラミング言語
  • ・Rustを使える人材は少ないが、案件も少ないため転職に強いとは言えない
  • ・Rustは将来性があり、求人案件は年収1000万以上もいくつかある

RustはFirefoxを中心にアプリケーションの開発に使われています。Rustの求人案件に応募しようと思っている方は、今回の内容を参考にぜひ次のステップに進んでみて下さい。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!