Shell(シェル)とは

Shell(シェル)はオペレーティングシステム(OS)を動かすために開発されたスクリプト言語です。Shell(シェル)を用いることでShell(シェル)はOSに対して命令を出すことができ、Windowsだとコマンドプロンプト、MacだとターミナルでShell(シェル)を記述することによってOSに命令を出せます。

OSの操作というのは、ファイルやディレクトリの行き来をしたり、インストールされているプログラムを起動したり、削除したりといった操作をShell(シェル)を使って行うことができます。

▼ shell(シェル)言語の活用法

大規模なシステム開発や重いプログラムを実行するといったことには向いてはいないですが、日常的に使うようなOSの操作などといった細かい作業にShell(シェル)は向いています。

また、いつも行っている処理を自動化したりということもShell(シェル)の得意なことで、これを行うことで日常の作業時間の短縮化ができます。これはバッチファイルを作り、その中に条件分岐やループ処理などを記述することで実行できます。

例えば、金融の業務系アプリケーションの場合は毎日の取引を一日の終わりに集計するという作業がありますが、取引データを実際にデータベースに入力し、集計と解析を行います。

これを自動化したいと思った場合にもShell(シェル)を用いてバッチファイルを作ることで極力人がやらなくても済むような処理を自動化することができます。

実際にこのような処理を自動化・効率化させるということを活かして、金融の業務系アプリケーション以外にも官公庁のインフラシステム開発やWebアプリケーション開発など様々な分野でShell(シェル)が使われています。

このような大規模なアプリケーションを作る場合はインフラエンジニアとして企業に入り、サーバの構築・設計・実装を行うことになります。

Shell(シェル)言語はどれくらい使われている?

Githubでは、どの言語でプルリクエストがどれくらい行われているかということを公開しています。Shell(シェル)は5位となり、他のプログラミング言語全体に比べてプルリクエストの比率が 高くなっています。

▼ トレンドのプログラミング言語、shell(シェル)

Shell(シェル)は7.103%となっており、1位のJavaScript23.394%と比べると差があることがわかります。年を経るにつれて、Shell(シェル)の比率は上がり、トレンドとしても上昇しています。

そして、Shell(シェル)はWebアプリケーションの土台を作るために用いるため、かなり多くの企業に使われています。

また、Shell(シェル)はOSに対して命令を出すことができ、Windowsだとコマンドプロンプト、MacだとターミナルでShell(シェル)を記述することによってOSに命令を出せるのでそのため、Shell(シェル)を用いたインフラ開発以外にもShell(シェル)は用いられるので、エンジニアの方は日常的に利用しているプログラミング言語となっています。

Shell(シェル)言語は転職に強いのか

Shell(シェル)について見てきましたが、実際にキャリアを考える上でShell(シェル)は転職に強いのかどうかということは重要になってきます。

結論から言うと、Shell(シェル)は転職に強いとも弱いとも言えません。なぜなら、Shell(シェル)エンジニアを求めている企業はそこまで多くはなく、Shell(シェル)のみできていても求人数がそこまで多くないからです。

▼ shell(シェル)で転職するには他言語のプログラミングスキルも必要

ただ、日本でShell(シェル)を専門に使いこなせるエンジニアは少なく、希少価値が高いです。転職市場において安定を目指すのならば、Shell(シェル)のみならずUnix コマンドや Awk, PerlやRubyといったプログラミング言語もできる必要があるからです。

また、Windowsサーバーを触る場合はPowerShellやBatch、Wshなどが使われるので更に多くのことを習得しなければ仕事を得ることが厳しいです。

Shell(シェル)以外にも覚えることがかなり多いという印象です。ただ、ここができれば転職もしやすく、高待遇になりやすいShell(シェル)エンジニアを目指すことができます。

Shell(シェル)を用いて開発できるものですが、金融系や業務系の管理システムやインフラ運用ツールなど多岐に渡ります。Shell(シェル)の場合はインフラエンジニアとして企業に入ることが多いです。

▼ shell(シェル)言語以外に持っておくべきスキルは?

インフラエンジニアとしてよく出てくる言葉がLAMP環境であり、Linux, Apache, Mysql, PHPの頭文字をとったものをLAMPといいます。LinuxはOSの種類であり、Shell(シェル)はここに属します。Apacheはウェブサーバーの一種で、MySQLはデータベース、PHPはプログラミング言語の一種です。

インフラエンジニアとして活躍する場合はShell(シェル)以外にもこれらLAMP環境は最低限マスターする必要があり、逆にこれだけ多くのことをマスターしなければならないので、インフラエンジニアは求人に対して不足しています。

また、Shell(シェル)とその他のプログラミング言語を使いこなせて要件定義や基本設計などの上流工程までできるエンジニアはなかなか少ないので、ここができるだけで更に高待遇を受けやすいです。年収1000万円以上も夢ではありません。

また、プログラミングの基礎ができていること・コミュニケーションをしっかり取れることができていると、更に転職しやすいです。

Shellは転職に強いのか

shell(シェル)言語で活躍できる業界と年収

今まではShell(シェル)についてとShell(シェル)は転職に強いのかについて見てきました。ただ、Shell(シェル)を使う職場に転職した場合に「そもそもどういう職場に転職できるのか?」ということについてここではお伝えしていきます。

IT業界ではインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4つに分類することができます。Shell(シェル)を使えるとインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界の3つどこでも活躍することができます。

▼ Shell(シェル)言語で活躍できる業界①:インターネット・Web業界

まずインターネット・Web業界はWebメディア・ショッピングサイトなどの自社サイトを運営している企業が多いです。転職の求人ではこのインターネット・Web業界が一番多く、自社のプラットフォームの設計・開発・運用をインフラエンジニアとして行うことが多いです。

インフラエンジニアとしてサーバの構築・設計・実装の一連の流れをShell(シェル)を用いてできることが重要となってきます。

▼ Shell(シェル)言語で活躍できる業界②:情報処理サービス業界

また、情報処理サービス業界ではセールスエンジニアとしてクライアントにWebアプリ開発の提案を行うこともあれば、エンジニアとしてWebアプリの開発をすることもあります。

▼ Shell(シェル)言語で活躍できる業界③:ソフトウェア業界

ソフトウェア業界ではプログラマーかSE(システムエンジニア)としてWebアプリ開発の下流もしくは上流工程に加わることになります。

Shell(シェル)の求人案件では、自社開発の案件が多いです。そのため、インターネット・Web業界での求人が多くなっています。

年収に関しては企業によって異なり、500万〜800万の求人が多い印象です。

まとめ:shell(シェル)言語ができると転職しやすい

今回はShell(シェル)に関して転職を絡めて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

今回お伝えしたかったことは以下の3点です。

  1. Shell(シェル)はオペレーティングシステム(OS)を動かすために開発されたスクリプト言語
  2. Shell(シェル)以外にも覚えることがかなり多いが、ここができれば転職しやすい
  3. Shell(シェル)の求人案件ではインフラエンジニアとして入ることが多い

Shell(シェル)の求人案件に応募しようと思っている方は、今回の内容を参考にぜひ次のステップに進んでみて下さい。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!