8月といえば旅行の季節ですね。暑さから逃げて、涼しい場所に行くか、真夏の太陽をエンジョイしに島や南国に行きましょう! 国内旅行はもちろん悪くないですが、やはり海外に遊びに行きたいですね。今回は旅行と関連するシチュエーションを見てみましょう。その場で使える実用的な英会話を学びましょう。

At the Airport  空港編

When you check-in:

空港のカウンターでチェックインする時、スタッフさんからいくつかの質問を受けます。一緒に見てきましょう。

Staff: Is anybody traveling with you today?

スタッフ:今日一緒に旅行する人はいますか?

A: No, it’s just me. / Yes, my parents are traveling with me today.

いいえ、私だけです。 /はい、両親は今日一緒に旅行しています。

Staff: Are you carrying any weapons or firearms?

スタッフ:武器や銃器を持っていますか?

A: No.

A:いいえ。

Staff: Are you carrying any flammable material?

スタッフ:可燃物を持っていますか?

A: No.

A:いいえ。

Staff: Are you carrying a battery charger with you?

スタッフ:バッテリー充電器を持っていますか?

A: No.

A:いいえ。

Staff: Do you have any perishable food items?

スタッフ:生鮮食品は運んでいますか?

A: No.

A:いいえ。

Staff: Do you have any carry on with you?

スタッフ:機内持ち込み用バッグは持っていますか?

A: Yes, here it is.

A:はい、これです。

英単語
Weapon:武器
Weapon industry: 兵器産業
Weapon of mass destruction: 大量破壊兵器
Weapon of self-defense: 自衛[護身]用の武器

Firearm: 銃器、拳銃
Firearm check: 銃器点検
Firearm death: 銃による死
Firearms control: 火器[銃器]の管理

Flammable: 燃えやすい、可燃性の
Flammable fuel: 可燃性燃料
Flammable garbage: 燃える[可燃(性)・引火性]ごみ[廃棄物]
Flammable gas: 可燃性ガス
Highly flammable: 高度可燃物

Battery charger: 充電器

Perishable:「 食料品などが 」傷み[腐り]やすい
Perishable goods: 腐りやすい[腐敗しやすい]食品、傷みやすい商品
Perish: 滅びる、消滅する
Perish by the gun: 拳銃によって抹殺される
Perish in a war: 戦争中[戦時中]に死ぬ
Perish from the earth: [地球上]から滅びる[消滅する・消えてなくなる]

これは映画でよく出る単語です。例えば、葬式のシンーでよく聞こえます。

Carry on: 「荷物を」機内に持ち込める

Staff: Can I have your passport, please?

スタッフ:パスポートを見せてもらいますか?

A: Yes, here you go.

A:はい、どうぞ。

Staff: Would you like an aisle seat or a window seat?

スタッフ:通路側の席ですか、窓側の席ですか?

A: Aisle seat, please.

A:通路側の席をお願いします。

Staff: OK, I am placing you in 34A. The gate number is B4. Please arrive at the gate 20 minutes before the departure time. Thank you / Have a nice trip.

スタッフ:OK、34Aにします。 ゲート番号はB4です。出発時刻の20分前にゲートに到着してください。ありがとうございました/ 良い旅を。

英単語
Aisle: 通路
Departure: 立ち去ること、出発
The flight departs at 9:30a.m.
フライトは午前9時30分に出発します。

飛行機の出発はdepartureを言いますが、飛行機の離陸はtake offと言います。

Staff: We do not have any aisle seats remaining. Is a window seat ok with you or would you prefer a middle seat?

スタッフ:通路側の席は残っていません。 窓側の席は大丈夫ですか、それとも中央の席の方がよろしいですか?

A: A window seat, please.

A:窓側の席をお願いします。

Finding the Gate  ゲートを見つけます

A: What was the gate number again?

A:もう一度ゲート番号をお願いします。

Staff: It is B4. It is around the left corner.

スタッフ:B4です。それは左側にあります。

A: Excuse me, how do I get to gate B4?

  Excuse me, where is gate B4?

すみません、ゲートB4はどこにありますか?

At Hotel ホテル編

今はホテルの予約は基本はネットでやりますが、電話で予約す場合もあるかもしれません。次はネットで及び電話で予約する時言い方の違いを見てみましょう。

Make a Reservation by Phone電話で予約をする場合

Staff: Thank you for calling Grand Hotel. How may I help you?

スタッフ:グランドホテルにお電話いただきありがとうございます。お手伝いことがありますか?

A: I would like to reserve a room, but how much do you charge a night?

A:部屋を予約したいのですが、一泊はいくらですか?

Staff: Thank you. Our prices start at $60 a night for a standard room and up to $200 for a suite.

スタッフ:ご利用ありがとうございます。料金に関して、スタンダードルームは1泊60ドルから、スイートは200ドルまでです。

A: That sounds good to me, can I take a standard room?

A:わかりました。じゃあ、標準の部屋をお願いします?

Staff: Sure, what day do you want to check in with us?

スタッフ:もちろん、いつチェックインしたいですか?

A: I will be checking in on 9/15.

A:9/15です。

Staff: how many days do you need the room for?

スタッフ:何日間予約したいですか?

A: I will be checking out on the 17th.

A:17日にチェックアウトします。

Staff: OK, thank you.

スタッフ:かしこまりました、ありがとうございます。

英単語

Reserve: ~を用意しておく、予約する
Reserve a seat: 座席を予約する
Reserve a ticket: チケットを予約する
Reservation: 予約

Suite: 特別室、一続きの部屋
これは日本のワンルームと似てます。一つの部屋でリビングと寝るスペースがあります。

Sounds good to me: 「私にはいいですね!」という意味です。
日常会話で使いやすいな便利ワードです。

Staff: How many total adults?

スタッフ:大人は何名さまいます?

A: Two adults and two kids.

A:大人2人と子供2人です。

Staff: how old are the children?

スタッフ:お子様はおいくつですか?

A: 9 and 11

A:9歳と11歳です。

Staff: Would you like one room or two rooms?

スタッフ:お部屋は一つそれとも二つしますか?

A: Two rooms, please.

A:2でお願いいたします。

Staff: Would you prefer two nonsmoking rooms?

スタッフ:禁煙のお部屋でよろしいですか?

A: Yes, please.

A:はい、お願いします。

Staff: Can I have your last name?

スタッフ:お名前をお伺いでもよろしいですか?

A: Jackson.

A:ジャクソンです。

Staff; Let me confirm your information, Mr. Jackson. I have two non-smoking rooms reserved. With 2 adults and 2 children from 9/15 to 9/17. Is this correct?

スタッフ; 予約内容を確認させてください、ジャクソンさん。禁煙のお部屋2つ予約しています。9/15から9/17まで、大人2名と子供2名です。よろしいですか。

A: Yes.

A:はい。

Staff: Your total will $265.78 after tax. Can I get your credit card number?

スタッフ:合計は税込みで265.78ドルになります。クレジットカード番号を教えてもらえますか?

A: Yes, it is 1234-5678-1234-5678.

A:はい、1234-5678-1234-5678です。

Staff: What is the name on the credit card?

スタッフ:クレジットカードの所有者の名前お伺いでもよろしいですか?

A: Jerry Jackson.

A:ジェリー・ジャクソンです。

Staff: I have the room reserved for you. If you need to cancel, please call us 24 hours before 9/15. Is there anything I can help you with?

スタッフ:部屋の予約は完了いたします。もしキャンセルが必要な場合は、9/15の24時間前までにご連絡ください。何かお手伝いできることはありますか?

英単語

Confirm: 確かめる、確認する
Confirm a doctor’s appointment: 医師の予約を確認する
Confirm a 3rd death: 3人目の死亡を確認する
Confirm a decision: 決定を承認する
Confirm a diagnosis: 診断を確定する

Make a Reservation on the Internet ネットで予約する場合

When you want to make a reservation find the button that says: Book now

お部屋を予約したい時は「Book now」のボタンをクリックしてください

The price usually includes:

支払い金額は基本こちらのサービスを含みます:

-Free breakfast

無料の朝食

-Free Wi-Fi

無料のWi-Fi

-Free cancellation before a certain time

一定時間前の無料キャンセルサービス

-Some hotels allow you to “pay at the hotel” or “pay later”

一部のホテルでは、「ホテルで支払う」または「後で支払う」ことができます

You can see the facilities and features of a hotel on the website.

ホテルの施設や特徴はウェブサイトで見ることができます。

Popular facilities usually include: 人気施設は

-Fitness center

フィットネスセンター

-Bar

バー

-Swimming pool

プール

-Restaurants

飲食店

-Front desk (24-hour)

フロントデスク(24時間対応)

英単語

Facility: 施設、設備、機関
This gym is furnished with brand-new facilities.
このジムには最新の設備が備わっています。
A recreation facility: レクリエーション施設

Feature: 特徴(づけるもの)、特性、特長
Facial features: 顔特徴

Featureは他の使い方もあります。
*Her winning of the Olympic medal is featured as a cover story in the News.
彼女のオリンピックメダルの獲得したことはカバーストーリーとしてニュースに載せっています。
*Mary is featured as the heroine in this movie.
メアリーは、この映画のヒロインとして出演します。

Let us look at some items that are available in a room:

部屋であるいくつかのアイテムを見てみましょう。

-Bathrobes

バスローブ

-Satellite / Cable TV

衛星/ケーブルテレビ

-iPhone docking station

iPhoneドッキングステーション

-In-room safe box

室内金庫

-Ironing facilities

アイロン設備

-Minibar

ミニバー

-Coffee/Tea maker

コーヒー/ティーメーカー

Some extra services: 追加サービス:

-Cash withdrawal (ATM)

現金引き出し(ATM)

-Concierge

コンシェルジュ

-Currency exchange

為替

-Daily housekeeping

部屋掃除

-Doorman

ドアマン

-Dry cleaning

ドライクリーニング

-Gift/souvenir shop

ギフトショップ

-Laundry service

ランドリーサービス

-Salon

サロン

-Bellman: a person who helps with your luggage

ベルマン:荷物を運ぶ人

-Valet: a person who parks the car for you

バレット:あなたの車を駐車します

英単語

Withdrawal: 引き出し、撤回
Withdrawal fee: 引き出し手数料
Withdrawal action: 離脱行動
Withdrawal from occupied areas: 占領地からの撤退

Withdraw: 引き抜く、引き出す (この二つの単語のスペルを注意してください)
Withdraw a bill: 「提出した」法案を撤回する
Withdraw a permission: 許可を取り消す[撤回する]
Withdraw a proposal: 提案を取り下げる

Concierge: コンシェルジュ、案内人
Souvenir: 土産
Laundry: 洗濯物
Laundry room: 洗濯室

ホテルサービス料について

Doorman: 〔ホテルの〕ドアマン
Bell man : ベルマン
Valet: バレット、侍者

この三つの役は普通にちょっと高級なホテルに設置しかいません。特にbell manとvaletは荷物運ぶと車のパーキングをしますから、この二つのサービスを使いますなら、tipsを忘れないでください!

Tips文化について

Tips文化の由来は昔アメリカのお金持ちが「使用人にお小遣いをあげる」習慣からきました。この文化は一度ヨーロッパや他の地域に広がりましたが、現在ではほとんど残っていません。しかしアメリカとカナダでは元々の文化と異なりますが、今でもこの文化が残っています。

アメリカのレストランやバーで食事をすると、食事代以外はサービス料としてtipsを渡します。基本は支払う金額の15%~20%です。この文化は今までも続く一つの理由はアメリカのレストランの時給は基本最低金額や最低金額より低いので、スタッフの給料の大半はtipsからです。彼らにとってこれは結構重要なお金です。時には一晩数百ドルのtipsをもらう場合もあります。

私はほぼ10年前アメリカに住んでいる時、基本は15%~17%をします。ちなみに,New Yorkは物価が一番高い国際都市として基本は20%となります。しかし、欧米だから、必ずtips文化がありますまだはアジアの国だから、必ずtips文化がありません。この考えは間違いです。次は幾つかの国をこの文化に対してどうやって扱うのを見ていきましょう。

カナダはアメリカとほぼ同じ文化があります。でも同じ西洋文化として、オストラリアとニュージーランドにはtips文化はありません。サービス料はお会計の金額に含まれています。そして、ヨーロッパの諸国、例えばイギリス、イタリア、フレンスは基本的には10%のサービス料が含まれていますので、別にtipsをあげる必要はありませんが、本当にしたいならその金額の10%で大丈夫です。

アフリカも国によって異なります。例えば南アフリカで基本は10%のtipsをあげるのは地元の文化です。アジアは例えば、中国、韓国、日本はこの文化はありません。しかし中国で大都市の観光客向けの店は徐々にこの文化を受け入れているみたいです。東南アジアも国によって異なりますが、政府によって受け取ることを禁止とするルールがあります。しかし観光客向けの店は受け取る場合もあります。例えば、フィリピン、インドネシア、ベトナムの観光客向けの店は基本、この文化があります。 Tips文化は観光客にとってかなり困ることです。国によってルールも異なります。旅行する前にちょっと調べた方がオススメです。

*Tips jar: tips用のガラス缶です。アメリカの飲食店でカウターに置いている缶です。顧客は自由にお金に入れ、それはスタッフたちのボナースtipsとして配られます。

General services a hotel provides:

ホテルが提供する一般的なサービス:

Morning call service:

モーニングコールサービス:

A: Can I have a wakeup call?

A:モーニングコールはできますか?

Staff: What time would you like your morning call?

スタッフ:はい、朝何時ですか?

A: At 7:00 am, please.

A:午前7時にお願いします。

今回は空港編とホテル編を紹介しました。日常生活の会話なので、あまりにも難しい単語や文法は使いません。海外旅行にいく時は役を立てれば嬉しいです。そして、今度も海外旅行と関連するセチエーション第2弾を紹介します!お楽しみにしてください!

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!