突然ですが質問です。
あなたは、フリーランスとして稼ぐために資格を取得した方が良いと思いますか?

クライアントや企業に自身のスキルを証明する手段として、資格は有効です。
資格を持っていると第三者からの視点で、該当のスキルを習得していることを証明できます。

ただ、資格を取得していないとフリーランスとして活躍できないわけではありません。
この現実がフリーランスは資格を取得したほうがよいのか迷うポイントになっています。

  • フリーランスとして資格を取得したほうがよいか悩んでいる
  • 今よりスキルアップするための効果的な方法を知りたい
  • クライアントや企業に自身のスキルをアピールする方法を知りたい
  • フリーランスにおすすめの資格を知りたい

というあなたのために、この記事ではフリーランスが資格を取得するメリットや、フリーランスエンジニアにおすすめの資格についてご紹介します。

フリーランスとして活躍するためには、資格の取得に対する正しい考え方や勉強のポイントを知ることが重要です。
この記事を読むことで、あなたがフリーランスとしてスキルアップするためにおすすめの資格は何か考えてみましょう。

フリーランスに資格は必要?

フリーランスとして仕事をするときに、資格の有無は重要なポイントとなります。
しかし、フリーランスに資格が必要かどうかは個人の状況や業種によって異なります。

結論から言えば、フリーランスに資格は必須ではありません。

理由については、以下で紹介します。

フリーランスに資格は必須ではない

先ほども紹介したとおり、フリーランスとして独立するために、資格は必須ではありません。
資格を取得していなくても、フリーランスとして独立して成功している人はたくさんいます。

フリーランスとして成功するためには自分のスキルを磨き、実績を積むことが大切です。また、クライアントと円滑にコミュニケーションをとるスキルも重要になります。

ただ、資格を取得することは、フリーランスとして成功するためのひとつの手段です。
独学でやみくもに勉強するよりも、資格の勉強を通じてスキルを身につける方が効率的です。
今はまだフリーランスとしてアピールできるようなスキルはないという人は、資格の取得を目指してみましょう。

フリーランスが資格を取得するメリットについては、このあと詳しく紹介します。

フリーランスとして活躍するために資格が必須というわけではないものの、資格を取得することで企業にアピールできる武器になることは覚えておきましょう。

フリーランスが資格を取得するメリット

フリーランスとして資格を取得していると、企業へのアピールポイントになると紹介しました。
フリーランスが資格を取得するメリットは、以下のとおりです。

  • 知識やスキルを証明できる
  • スキルアップにつながる
  • 案件を獲得しやすくなる
  • 単価アップにつながる

それぞれについて詳しく説明します。

知識やスキルを証明できる

資格を取得することで、自身の知識やスキルを客観的に証明できます。
特に競争が激しい業界では、資格を持っていることが信頼性や専門性をアピールする有効な手段となります。

フリーランスとして独立する際には、クライアントから信頼を得ることが重要です。
初めてやり取りする相手の場合、企業やクライアントはあなたのスキルがどのレベルのものなのか判断できません。
資格によって自分の知識やスキルを客観的に証明することで、クライアントからの信頼を勝ち取れることもあります。

資格を取得していることを大いにアピールして、クライアントから信頼されるフリーランスを目指しましょう。

スキルアップにつながる

フリーランスとして成功するためには、自分のスキルを磨いて実績を積むことが大切です。
資格取得を目指して勉強することで、自身のスキルアップに繋がります。

また、資格取得を目指して勉強することは、自分のスキルを客観的に評価する機会でもあります。
自分のスキルの強みや弱みを理解することで、より効果的にスキルアップするチャンスです。

資格の勉強を通じてこれまで分かったつもりになっていたところがないか、再確認するのも良いでしょう。

案件を獲得しやすくなる

フリーランスとして独立するには、案件を獲得することが重要です。

資格取得は、フリーランスとして案件を獲得するうえで有利になる要素のひとつです。
クライアントは、信頼できるスキルを持ったプロフェッショナルを求めています。
資格とともに取得したスキルをアピールすることで、クライアントはあなたの専門性や実力を評価しやすくなります。

また、競争の激しいフリーランスの世界で、資格は他のライバルと差別化するための強力なツールです。
資格取得は、あなたのプロフィールやポートフォリオに信頼性と価値を与え、案件獲得の確率を高めるでしょう。

単価アップにつながる

フリーランスとしての活動において、資格取得は単価アップにつながる重要な要素です。

クライアントや企業は、高い品質と信頼性を持つプロフェッショナルに投資したいと考えています。
資格を持つことであなたの専門性や実績を客観的に示し、それに見合った高い単価を提示できるようになります。

また、資格取得によって他のフリーランスとの競争において差別化もできます。
案件を獲得するときや単価を交渉するときは、資格を保持していることで他の応募者との差別化を図りましょう。
資格を持っていることがあなたのスキルセットに付加価値を与え、市場価値を高める重要な要素となります。
あなたが担当する業務や案件に合わせた資格を取得して、需要が高いエンジニアを目指しましょう。

フリーランスエンジニアにおすすめの資格6選

フリーランスエンジニアとして独立するときは、自分のスキルや経験に合った資格を取得すると良いでしょう。

以下に、フリーランスエンジニアにおすすめの資格を6つ紹介します。

  • Linux技術者認定
  • 基本情報処理技術者試験
  • AWS認定資格
  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • シスコ技術者認定(CCNA)

フリーランスにおすすめの資格を探している人は、参考にしてみてください。

Linux技術者認定

Linux技術者認定は、Linuxに関する知識とスキルを認定する資格です。
Linuxは、サーバやネットワークなどのインフラシステムに広く採用されているOSです。

Linux技術者認定を取得することで、Linuxの知識とスキルを客観的に証明できます。
また、Linux技術者認定を取得することで、Linuxのエンジニアとしての転職に有利になります。

Linuxは多くのシステムで使われているOSです。
サーバやネットワークエンジニアを目指している人は、Linux技術者認定の取得にチャレンジしてみましょう。

基本情報処理技術者

基本情報処理技術者試験は、ITに関する基礎的な知識とスキルを認定する資格です。
IT業界で就職や転職を希望する際に、必ず取得しておきたい資格のひとつともいえます。

基本情報技術者試験は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が主催する国家資格であり、若手を中心に取得を奨励しているIT企業も多いです。
IT業界で働くうえでの最低限の知識は持っていることを証明するために、フリーランスとして働くときにも取得しておくと良いでしょう。

AWS認定資格

AWS認定資格は、Amazon Web Services(AWS)の利用者を対象とした認定資格です。

AWSは、世界中で利用されているクラウドコンピューティングサービスです。
AWS認定資格を取得することで、AWSの知識とスキルを客観的に証明できます。
また、AWS認定資格を取得することで、AWSのエンジニアとしての転職に有利になります。
クラウド活用をメインとしたインフラエンジニアを目指している人は、積極的にチャレンジしてみましょう。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、IT戦略に関する高度な知識とスキルを認定する資格です。
基本情報技術者試験と同じくIPAが主催している資格試験で、基本情報技術者試験よりも難易度が高い試験になります。

ITストラテジスト試験は、IT業界で上位管理職を目指す人が取得したい資格のひとつです。
ITストラテジスト試験を取得することで、IT戦略に関する専門的な知識とスキルが身に付きます。

ITストラテジスト試験は、システム企画やプロジェクトマネジメントなど、戦略的な役割を果たす仕事に携わる際に役立つ資格です。
ビジネスモデルの検討といった企画レベルの案件を受注したいと考えている人におすすめの資格になります。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は、システムの設計に関する高度な知識とスキルを認定する資格です。
システム開発やアプリケーション設計などの仕事をする上で重要な資格となります。

システムアーキテクト試験は、IT業界でシステム設計者を目指すときに取得しておきたい資格の一つです。
システムアーキテクト試験を取得することで、システムの設計に関する知識とスキルが身に付きます。

ITストラテジスト試験と同様にIPAが主催する難易度が高い試験ですが、取得するメリットは大きい資格といえるでしょう。

シスコ技術者認定(CCNA)

シスコ技術者認定(CCNA)は、シスコシステムズ社のネットワーク技術者を対象とした認定資格です。

シスコ技術者認定(CCNA)を取得することで、シスコのネットワーク技術に関する知識とスキルを客観的に証明できます。シスコのネットワークエンジニアとして就職や転職に有利になる資格です。

シスコのネットワークを活用している企業では資格保持者が重宝されることも多いため、この資格を保持することで単価アップを交渉できる可能性もあるでしょう。

フリーランスの資格取得における勉強のポイント

資格を取得するとき、資格の合格だけを目的にしていては、案件受注や単価アップには繋がりません。
フリーランスとして資格を取得するときには、以下のポイントを意識して勉強を進めましょう。

  • 資格の勉強と並行して実務経験を積む
  • 資格取得後のビジョンを明確にしておく

それぞれについて詳しく説明します。

資格の勉強と並行して実務経験を積む

資格の勉強だけをしていても、実務経験がなければ、自分のスキルを十分に発揮できません。
資格の勉強と並行して実務経験を積むことで、実際に使えるスキルを身に着けていきましょう。

実務経験を積むためには、フリーランスとして案件を獲得する必要があります。
案件を獲得するためには、自分のスキルや経験をアピールすることが大切です。
資格の勉強と並行して、自分のスキルや経験をアピールできるポートフォリオを作成しておくとよいでしょう。

また、実務経験を積むことで、自分のスキルや経験の強みや弱みを確認できます。
資格の勉強と並行して、自分のスキルや経験を客観的に評価することで、どこを勉強すればよいかのポイントが見えてきます。
自分のスキルや知識で不足しているところを把握して、より理解を深めていきましょう。

資格取得後のビジョンを明確にしておく

資格を取得したあとにどのようなフリーランスになりたいのか、というビジョンを明確にしておくことも大切です。
ビジョンが明確であれば、資格取得に向けて効率的に勉強できます。

資格取得後のビジョンを明確にするために、以下の点について考えてみてください。

  • どのようなスキルを身につけたいか
  • どのような案件を獲得したいのか
  • どのような業界で活躍するフリーランスになりたいのか

ビジョンを明確にすることで、資格取得に向けて効率的に勉強できます。
フリーランスとしてのスキルアップを目指すときは、これらのポイントを意識しながら効果的な勉強を進めていきましょう。

まとめ

今回はフリーランスには資格が必要かという点について紹介しました。

フリーランスに資格が必要かどうかは個人の状況や業種によって異なります。
資格を取得しなくてもフリーランスとして稼ぐことは可能です。

しかし、資格を取得することには、以下のように多くのメリットがあります。

  • 知識やスキルを証明できる
  • スキルアップにつながる
  • 案件を獲得しやすくなる
  • 単価アップにつながる

フリーランスエンジニアにおすすめの資格としては、以下の6つがあります。

  • Linux技術者認定
  • 基本情報処理技術者試験
  • AWS認定資格
  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • シスコ技術者認定(CCNA)

資格を取得するときは、実務経験と両立することや明確なビジョンを持つことが重要です。
あなたのキャリアに合った資格を選び、効果的な勉強の計画を立てて取り組みましょう。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!