ブロックチェーンとは分散型台帳技術のことであり、高いセキュリティ性を確保できる点が特徴です。
ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーン技術を活用して分散型のシステムやアプリケーションを開発する専門家です。ブロックチェーンを活用したシステムは、以下のようなさまざまな分野で活用されています。

  • デジタルアセットの取引
  • 金融サービス
  • サプライチェーン管理

ブロックチェーンエンジニアの役割は、ブロックチェーンの技術を活用して新たなサービスやアプリケーションの開発を行うことです。この記事では、ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や必要なスキル、将来性、年収、そして案件情報について紹介します。

  • ブロックチェーンエンジニアの仕事内容が知りたい
  • ブロックチェーンエンジニアになるために必要なスキルや知識が気になる
  • ブロックチェーンエンジニアとしての将来性や年収が知りたい

という人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランス案件を探す

ブロックチェーンとは

ネットワーク図

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術と呼ばれる技術です。分散型台帳とは、複数のコンピューター間でデータを共有し、そのデータを改ざんできないようにする技術です。データはブロックと呼ばれる単位でリンクされ、ひとつのブロックが前のブロックのデータも含んでおり、全てのブロックが鎖状でつながっています。この仕組みによりデータの改ざんが難しく、信頼性のある取引システムとして近年注目されています。

ブロックチェーンは、2008年に誕生した仮想通貨「ビットコイン」にも採用されています。ビットコインが改ざんや不正が難しいと言われている理由は、ブロックチェーン技術を用いて取引データを記録しているためです。また、ブロックチェーン技術は、ビットコインに限らずさまざまな分野で活用されています。金融、不動産、医療、製造業といった分野においても、ブロックチェーンは以下のように活用されています。

  • 金融業界における送金、決済、保険などの金融取引を効率化・自動化
  • 不動産の取引記録、所有権や賃貸契約などの情報を記録
  • 医療業界における患者の医療記録の記録、治験の管理や医薬品の流通管理
  • サプライチェーン管理や品質管理など製造業の流通プロセスを効率化

ブロックチェーン技術はデータの改ざんや不正を防ぐことができるため、今後もさまざまな分野で活用されることが期待されています。
ブロックチェーン技術はまだ発展途上にある技術ですが、非常に将来性のある技術だといえるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

様々なグラフ

ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーン技術を活用したシステムやアプリケーションの開発を行います。さらに、新しいトークンの発行やブロックチェーンネットワークの運用管理も重要な役割です。ブロックチェーンエンジニアの仕事内容の例は、以下のとおりです。

  • 独自ブロックチェーンの開発
  • ペイメントサービスの開発
  • ブロックチェーンを活用したアプリケーションの開発

それぞれの仕事内容について、くわしく紹介します。

独自ブロックチェーンの開発

独自ブロックチェーンの開発とは、自社のニーズに合ったブロックチェーン技術を開発することです。
具体的には、スケーラビリティやプライバシーの向上、特定の業界に特化した機能の追加などを行います。独自ブロックチェーンを開発することで、自社のビジネスをより効率的かつ安全に運営できるというメリットがあります。

しかし、独自ブロックチェーンの開発は新たな課題を生みやすく難易度が高いです。ブロックチェーンは複雑な技術であるため、独自ブロックチェーンを開発するには技術的な知識と経験が必要だということを認識しておきましょう。

ペイメントサービスの開発

ペイメントサービスの開発では、ブロックチェーン技術を用いて、仮想通貨取引や決済サービスを実現します。ペイメントサービスの開発は、金融業界や小売業界など、さまざまな業界で注目されています。

ブロックチェーンを活用したペイメントサービスは、従来の金融システムよりも高速で安全なトランザクションのやり取りができるところが特徴です。また、送金や決済のプロセスをスマートコントラクトで自動化し、中間業者を排除することで、手数料の削減や信頼性が向上するといったメリットもあります。

ブロックチェーンエンジニアとしてペイメントサービスの開発を行うことで、最先端の技術を活用した金融システムの実現に貢献できます。自身のスキルを活用して、新たな決済サービスを実現できるかもしれません。

ブロックチェーンを活用したアプリケーションの開発

ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーン技術を用いて新しいアプリケーションの開発も行います。ブロックチェーンを活用したアプリケーションの例としては、分散型アプリケーションがあります。分散型アプリケーションはブロックチェーン上で動作し、中央集権的な管理者が不要なアプリケーションです。分散型アプリケーションはデータの改ざんが困難という特徴があるため、以下のようにさまざまな用途で使われます。

  • 仮想通貨取引プラットフォームや、分散型金融(DeFi)サービス
  • 不動産取引プラットフォームや、不動産管理システム
  • サプライチェーン管理システム
  • 医療記録システムや、医療データの共有システム
  • 行政サービスプラットフォームや、電子投票システム

ブロックチェーン技術を活用してこれらのアプリケーションを構築することも、ブロックチェーンエンジニアの仕事内容のひとつです。

ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

PC

ブロックチェーンエンジニアになるためには、幅広いスキルが求められます。まず、ブロックチェーンの基本的な仕組みや暗号技術に関する知識が必要です。加えて、プログラミングスキルも欠かせません。ここではブロックチェーンエンジニアに必要なスキルとして、以下の3つを紹介します。

  • 暗号技術に関する知識
  • ブロックチェーンに関する技術
  • プログラミングのスキル

暗号技術に関する知識

ブロックチェーンは、暗号技術を用いてデータの改ざんを防いでいます。このため、ブロックチェーンエンジニアは、以下のような暗号技術に関する知識が必要です。

  • ハッシュ関数
  • デジタル署名
  • 公開鍵暗号方式
  • 秘密鍵暗号方式

暗号技術によりブロックチェーンのセキュリティを確保して、データの改ざんを防止できます。ブロックチェーンについて理解するためには暗号技術に関する知識は必須だと覚えておきましょう。

ブロックチェーンに関する知識

ブロックチェーン技術は、複雑で高度な技術です。したがって、ブロックチェーンエンジニアはブロックチェーンの仕組みやプロトコルに関する知識が必要です。ブロックチェーンに関する知識としては、以下が挙げられます。

  • ブロックチェーンの構成要素(ブロック、ブロックチェーン)
  • ブロックチェーンのアルゴリズム(コンセンサスアルゴリズム)
  • ネットワークの構築方法

ブロックチェーンはどのような仕組みで成り立っているのかを、理解しておきましょう。

プログラミングのスキル

ブロックチェーンエンジニアには、プログラミングスキルが欠かせません。ブロックチェーンエンジニアが使用するプログラミング言語の例は、以下のとおりです。

  • Solidity
  • Rust
  • Python
  • JavaScript
  • C++
  • Java

Solidityは、イーサリアムブロックチェーン上でスマートコントラクトを開発するために使用されるプログラミング言語です。ブロックチェーン未経験の人は少し聞きなれない言語かもしれませんが、スマートコントラクトの実装にも使われる言語なので、これを機会に習得してみるのもいいでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの将来性

ネットワーク図

ブロックチェーン技術はデータの改ざんや不正を防げるため、金融、不動産、医療、製造業など、さまざまな分野で活用されています。また、ブロックチェーン技術を活用した分散型アプリケーションにも注目が集まっており、新しいビジネスモデルを検討している企業も多いです。ブロックチェーン技術の普及によってブロックチェーンエンジニアの需要は急増しているため、ブロックチェーンエンジニアの将来性は明るいと言えるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアは技術者としてのスキルを磨くだけでなく、ビジネスの知識やマネジメントスキルを持つことも重要です。ブロックチェーン技術を活用した新しいビジネスを検討できる人材を目指しましょう。将来的には、ブロックチェーン技術がさらに普及し、さまざまな業界で活用されることが予想されます。ブロックチェーン技術に関するスキルの習得や開発経験を積んだエンジニアは、より多くの企業から求められるようになるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの年収

スマホを持つ手

ブロックチェーンエンジニアの年収は、経験やスキルによって異なりますが、平均年収は700万円程度です。ただ、ブロックチェーンエンジニアの年収は幅が広く、紹介されているサイトによって大きく異なります。

たとえば、平均年収.jpによるとブロックチェーンエンジニアの平均年収は500万円から1200万円です。
30代では624万円、40代では800万円、50代では960万円と年齢があがるにつれて年収が高くなる傾向があります。
参考:平均年収.jp

ブロックチェーンエンジニアの年収は経験やスキルによって大きく異なり、最大で1000万円以上の収入も期待できる場合もあります。特に、ブロックチェーン技術が注目を集める中で、高い専門性を持つエンジニアは、競争力のある給与を期待できるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアになるには

PCを持つ女性

ブロックチェーンエンジニアは難しそうというイメージがありますが、未経験からでも目指せる職種です。ここでは、ブロックチェーンエンジニアになるためのおすすめの方法を紹介します。

  • ブロックチェーン技術を学ぶ
  • ブロックチェーン技術を活用したアプリケーションを開発する
  • コミュニティやフォーラムを活用する

知識の習得や活用、他のエンジニアとの交流を積極的に行い、ブロックチェーンエンジニアになるための一歩を踏み出しましょう。

ブロックチェーン技術を学ぶ

ブロックチェーンエンジニアになるためには、まずプログラミングスキルが欠かせません。特に、ブロックチェーン開発にはSolidityやRustなどのスマートコントラクトやブロックチェーンを実現するためのプログラミング言語が不可欠です。まずはブロックチェーン技術を実現するためのプログラミング言語を習得しましょう。また、ブロックチェーンの基本的な仕組みや暗号技術に関する知識も重要です。
ブロックチェーン技術の学習方法としては、以下のようなものがあります。

  • ブロックチェーンや暗号技術に関する関連書籍
  • オンライン学習プラットフォームのブロックチェーンに特化したコース
  • プログラミングスクール

ブロックチェーン技術は難易度が高い分野のため、独学だけではなくプロの講師に教えてもらうのも良いでしょう。

ブロックチェーン技術を活用したアプリケーションを開発する

ブロックチェーン技術を習得したあとは、アプリケーション開発などを通じて実践経験を積んでいきましょう。ブロックチェーン技術を活用するためには、自分で実際に開発するのがおすすめです。オープンソースプロジェクトへの参加や自分で小規模なプロジェクトを立ち上げるなど、実際に手を動かしてブロックチェーンの開発を行ってみましょう。書籍やオンライン講座で身に着けた理論と開発経験による実践を行い、スキルを磨いていきましょう。

コミュニティやフォーラムも活用する

ブロックチェーン業界は急速に変化しており、常に技術が進化しています。最新の情報を得るためにはコミュニティやフォーラムを活用するのもおすすめです。ブロックチェーンに関するイベントやカンファレンスに参加したり、オンラインのフォーラムで活発に交流することで、他のエンジニアや専門家とのつながりを築きながら、情報共有やアドバイスを受けられます。また、ブロックチェーン技術に関するカンファレンスやイベントに参加することで、ブロックチェーンエンジニアの案件情報に出会える可能性もあります。ブロックチェーン技術に関わるエンジニアと積極的に交流して、情報収集していきましょう。

まとめ

並んで立つ男性と女性

ブロックチェーンは分散型台帳技術であり、複数の参加者が取引データを共有・記録する仕組みです。
ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーン技術を活用したシステムやアプリケーションの開発を行い、新しい金融システムやアプリケーションの実現に貢献しています。ブロックチェーンエンジニアの仕事内容は以下のとおりです。

  • 独自ブロックチェーンの開発
  • ペイメントサービスの開発
  • ブロックチェーンを活用したアプリケーションの開発

ブロックチェーンエンジニアには、ブロックチェーンの基本的な仕組みや暗号技術に関する専門的な知識や、高度なプログラミングスキルが求められます。ブロックチェーンエンジニアになるためには、以下のような方法でブロックチェーンに関するスキルを磨いていきましょう。

  • ブロックチェーン技術を学ぶ
  • ブロックチェーン技術を活用したアプリケーションを開発する
  • コミュニティやフォーラムも活用する

ブロックチェーン技術は、金融業界をはじめとするさまざまな分野で活用が進んでいます。このため、ブロックチェーンエンジニアの将来性は非常に高く、需要も拡大しているといえるでしょう。特に高い専門知識を持つエンジニアは、高い年収が期待できます。ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアを築いて、新しい技術を活用したシステムの構築に貢献できるエンジニアを目指しましょう。

フリーランス案件を探す

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!