「プロジェクトマネージャー」という言葉をビジネスの場で耳にする人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際の役割や仕事内容、必要なスキルについて具体的に理解している人は少ないかもしれません。

本記事では、プロジェクトマネージャーの仕事内容を詳しく解説していきます。
チームをリードし、幅広いスキルを駆使して、メンバーを動かす役割を担うプロジェクトマネージャーの仕事は、ビジネスにおいて重要といえるでしょう。
仕事内容の他にも、資格情報や年収、案件情報まで、解説していくので、プロジェクトマネージャーに興味がある人は必見です。

フリーランス案件を探す

プロジェクトマネージャーとは

会議の様子

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト進行において、重要な柱です。
プロジェクトの全体を把握し、詳細な計画立案から実行、そして監督のような役割までを担当する専門家のことを指します。
プロジェクトマネージャーは、各プロジェクトが具体的な目標に向けて問題なく進行するように戦略を練り、必要なリソースを適切に配分しなければなりません。
そのため業務は非常に広範囲にわたり、プロジェクトの成功を左右する重大な部分をコントロールしています。

重要な役割のひとつがプロジェクトの管理です。
プロジェクトが指定された範囲内で進行するように管理し、範囲外の仕事が発生しないように調整します。これにより、プロジェクトに必要なリソースを最適に活用して、目標達成に直結する作業に集中することが可能です。

また、プロジェクトマネージャーは、時間と予算のバランスを維持する役割も果たします。
プロジェクトのスケジュール管理において、各タスクの実行時間を見積もり、全体の進行状況を把握することが重要です。
一方、予算管理では費用対効果を考慮しながら、各リソースのコストを監視して、予算超過を防がなければなりません。
このようにプロジェクトマネージャーは、プロジェクトの成果がビジネス目標や顧客の要望を満たすために、各フェーズでの成果を評価して必要に応じた戦略を検討します。組織やプロジェクト全体に影響を与えるポジションであるため、プロジェクトマネージャーの役割は非常に重要だといえるでしょう。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

手を使ったジェスチャー

プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐に渡ります。プロジェクトマネージャーの代表的な仕事内容を3つ確認していきましょう。

プロジェクトの計画策定

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの全体像を理解し、それを具現化するための詳細な計画を策定するという重要な役割を担っています。
計画策定の初期段階では、プロジェクトの目標設定とそれに向けた戦略の構築が求められるでしょう。
目標設定はプロジェクトの期待結果を明確にするだけでなく、チーム全体が同じ方向を目指す基準となります。

一方、戦略構築ではどのようなステップを踏むべきか、どのタスクを優先すべきかといった重要な決定も必要です。
さらに、具体的なタスクの列挙、スケジュールの作成、リソースの割り当てといった作業もプロジェクトマネージャーの仕事であり、これらはプロジェクトの効率性と効果性を確保するために不可欠となります。

またリスク評価も重要な役割で、計画段階で可能な限り問題を予測して問題が生じた場合には、解決策を考えて実行しなければなりません。

プロジェクトの進捗管理

プロジェクトの進捗管理は、プロジェクトマネージャーが遂行する業務の中で最も重要な仕事のひとつです。

計画したタスクが予定通りに進行しているか常に管理し、スケジュールの遅れやリソースの過剰消費を防ぎます。進捗状況を評価するために定期的なミーティングを開き、各メンバーからのフィードバックを受け取り、その情報を元にプロジェクトの状況を正確に把握することも重要です。

もしも進捗管理の過程で問題が発生した場合は、プロジェクトマネージャーは即座に対策を講じる必要があります。

プロジェクト終了後の振り返り

プロジェクトが終了した後も、プロジェクトマネージャーの仕事は続きます。

プロジェクトの終了後に振り返りを行い、その結果をもとに次回のプロジェクトに活かすための改善点を見つける必要があります。このプロセスは、プロジェクト全体を評価して、成功した点、挑戦した点、改善が必要な点を明確にする重要な時間です。

振り返りの結果を共有することで、チーム全体の成長に繋がるでしょう。

また、顧客満足度を評価し、顧客の反応や意見を考慮することも重要です。
これにより今後も品質向上を図ることができ、より良いプロジェクト結果を達成するための知見を得られます。

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

スーツを着た男性

プロジェクトマネージャーに必要なスキルの中で、代表的なものはおもに3つあります。

  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 提案力

ここでは、それぞれについて詳しく解説します。

マネジメントスキル

プロジェクトマネージャーとして、チームを円滑に運営し目標に到達させるためには、高度なマネジメントスキルが不可欠です。
具体的には、次の3つを管理することが重要になります。

  • 人間関係
  • リソース
  • リスク

人間関係の管理では、個々のチームメンバーのスキルや特性を理解し、それらを最大限に活用してプロジェクトの効率性と効果性を向上させることが求められます。

また、困難な状況や対人関係の問題に対処するためのリーダーシップも必要です。

リソースの管理においては、時間、予算、人員といったプロジェクトで利用可能なリソースを適切に割り当て、有効活用していかなければなりません。

さらに、リスク管理では、プロジェクトの成果を保証するための重要な要素で、潜在的な問題を予測し、その影響を最小限に抑えるための戦略を計画することが求められます。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーは、様々な職位の人と効果的なコミュニケーションを維持する役割を担っています。

そのため、正確な情報の伝達、課題や懸念事項の共有、適切なフィードバックの提供といった能力が求められるでしょう。このスキルがあることで、チーム内の認識違いを防ぎ、プロジェクトの進行に対する一貫性を保つことができます。

さらに、他のチームメンバーやステークホルダーからのフィードバックを適切に理解し、反映させる能力も必要です。
そして、プロジェクトのビジョンや目標を明確に伝え、チームメンバーがそれぞれのタスクに対する全体的な文脈を理解できるようにするためにも、コミュニケーションスキルは重要と言えるでしょう。

提案力

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトの目標達成に向けて新たなアイデアや解決策を提案する力が必要とされます。
これは、困難な問題に直面した際に適切な解決策を考え出して、それをチームに説明する必要があるためです。

また、提案力は単にアイデアを考え出すだけでなく、それを他の人々に説得力を持って伝え、賛同を得る能力も含みます。この能力は、チームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーションにおいても大切で、プロジェクトの成功に向けて皆が一致団結するための重要な要素となるでしょう。

プロジェクトマネージャーにおすすめの資格

紙にペンで書いている様子

プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、次の2つの資格を保有していると有利になると言われています。具体的な資格の種類などについて、詳しく確認していきます。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、プロジェクト管理の基本的な知識とスキルを評価する国内で広く認知されている資格です。
この資格を取得することで、自身の専門性を証明し、プロジェクトマネージャーとしての信頼性を向上させることが可能になります。

さらに、雇用者やクライアントに対して、プロジェクト管理の基本原則に対する深い理解と適用能力を示すことが可能です。
取得することによって、より広範で難易度の高いプロジェクトを任される可能性が増えるかもしれません。

PMP(Project Management Professional)

PMPは、世界的に認知されているプロジェクトマネージャーの資格で、プロジェクトマネージャーとしての知識と豊富な実践経験を証明することが可能です。
この資格は、非常に厳格な基準で評価され、取得にはプロジェクト管理の広範な知識と実務経験が求められます。

そのため、取得は容易ではありませんが、その価値は非常に高く、一般的にはより大規模なプロジェクトや高度なポジションで働くのに適しています。
また、多くの国と地域で認知されているため、国際的なキャリアを追求する方にとって特に有益な資格と言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーの年収

笑顔の男性

経済産業省の調査結果によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は「891.5万円」となっています。

参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(平成29年)」

経験とスキルを積んだ経験豊富なプロジェクトマネージャーでは、年収が1000万円以上となることも珍しくありません。

ただしこれらの数字はあくまで目安であり、実際の年収は経験やスキル、業界などの要素により変動します。プロジェクトマネージャーの年収がどのような要因で変動するのかも、あわせて確認しておきましょう。

業界

まず、最も重要な要素のひとつが業界の違いによるものです。

業界により平均的な年収は大きく変わることがありますが、IT業界ではテクノロジーの急速な進化と需要の高まりから、高い報酬が支払われる傾向にあります。

経験とスキル

次に、経験とスキルも重要な要素です。

プロジェクトマネージャーとしての経験年数が長いほど、より複雑で大規模なプロジェクトを成功させる能力が評価され、給与もそれに比例して増加します。

また、特定のスキルや資格を持つことで、市場価値が高まり、給与に反映される可能性も上がるかもしれません。

プロジェクトの規模や難易度

最後に、プロジェクトの規模や難易度も年収に影響を与えます。

大規模なプロジェクトを遂行し、その成功に導くプロジェクトマネージャーは、一般的に高い給与を得ることが期待できるでしょう。

これは、大規模なプロジェクトは多数のステークホルダーのコーディネーション、リスク管理、資源の割り当てなど、高度なスキルと経験を必要とするためです。

まとめ

メモ帳と鉛筆

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの成功を引き受ける重要な役割を果たします。
必要なスキルが多岐にわたることから、プロジェクトマネージャーの年収は、日本人の平均給与と比べて、高収入とされています。

特にIT業界では給与が高い傾向にあるでしょう。
プロジェクトマネージャーは高い専門性と責任感が求められる職種である一方、需要の高い職種であるため、興味がある人は目指してみるのも良いかもしれません。

フリーランス案件を探す

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!