iPhone/Androidとは? その違いを比較して検証してみた

iPhone/Androidの将来性の検証のためには、iPhoneとAndroidの違いを理解することが大切です。

それではまずiPhone/Androidの違いから見ていきましょう。

▼iPhoneの特徴

iPhoneとはAppleが開発したiOSを掲載したスマートフォン端末です。

エンジニアとしてiPhone/Androidの違いを理解する際に、最も意識すべきことはアプリの開発言語の違いです。

アプリはSwiftやObjective-cなどのプログラム言語が用いられます。

もちろん現場によってはC#など他のプログラミング言語がメインとなっていることもありますが、iPhoneアプリの開発ではSwiftやObjective-cが用いられる可能性が高くなります。

またMacOSのパソコンとの連携がすみやかにできるため、普段からMacOSを利用している場合は、AndroidよりもiPhoneアプリの開発の方が取組やすいといえるでしょう。

▼Androidの特徴

Androidは、Googleが開発したOSであり、国内では多くのスマートフォンに取り入れられています。

そんなAndroidアプリの開発はJavaやKotlin、Rubyなどのプログラム言語で行われます。

Kotlinは比較的習得がやさしいプログラミング言語ですが、Kotlinの利用が求められる開発現場はまだそこまで多くはありません。

しかしAndroidでは Javaとの互換性の高さから、第一級サポート言語とされています。

公式サイトではライブラリの充実や迅速に開発できることが評価されて、第一級サポート言語となった理由が紹介されています。

KotlinはAndroidアプリの開発ではJavaに次ぐ、重要な言語になる可能性があるといえるでしょう。

またRubyは学習が比較的簡単であり、Javaと同じオブジェクト指向という特徴があります。

参考:Android での Kotlin の使用に関するよくある質問

iPhone/Androidの将来性について 今後の動向はどちらが優位になるのか? 

スマートフォンが普及することによってiPhone/Androidはこれまで飛躍的に需要を伸ばしてきました。

そしてそれは今後も長く続くことが期待できます。

なぜならiPhone/Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末が近年では老若男女問わずに保有する端末となってきているからです。

特に高齢者へのiPhone/Androidを搭載したデバイスの普及は著しくパソコン教室では高齢者向けのiPhone/Androidを掲載したデバイスの講座の開催を見かけることが珍しくありません。

高齢者向けに簡単にスマートフォンを操作できるアプリについてはPlyストアやAppStoreでいくつも見つけることができます。

今後iPhone/Androidを搭載したスマートフォンがより生活に欠かせないデバイスとして一般化していけば、iPhone/Androidの将来性は充分にあると考えることができます。

ではiPhone/Androidの将来性はどちらが優位になるのか、というところですがiPhone/Androidの将来性については国内では大差がないと予想できます。

なぜならスマートフォンのOSにはiPhone/Androidの他にマイクロソフトが開発したWindows phoneもありますが国内ではiPhone/AndroidがスマートフォンOSのシェアのほとんどを占めるからです。

今後スマートフォンに代わる身近なデバイスが普及すればiPhone/Androidの需要は下がることが予想できますが、2019年時点ではその実現はまだ遠いといえるでしょう。

政府の推進事業とiPhone/Androidの関連について

iPhone

2019年9月に経済産業省はキャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗検索のための地図アプリとホームページ上の地図機能を公表しました」とういタイトルでニュース記事を公式サイトにて発表しています。

この記事には政府が推奨するキャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗を簡単に見つけることができる地図アプリについての情報が含まれています。

スマートフォンのOSとしてはiPhone(iOS)/Androidのデバイスでダウンロードできると明言されています。

これはつまり政府の施策はiPhone/Androidのスマートフォンアプリを活用することが前提になっていることを意味しています。

IoTが推奨されている昨今では、今後あらゆるものがインターネットに接続されるようになっていきます。

スマート家電ではiPhone/Androidのスマートフォンでの操作を前提に開発されているものも少なくありません。

このようにiPhone/AndroidのスマートフォンはIoTのツールにもなることを考慮すれば、iPhone/Android共に将来性はあると考えることができます。

参考:経済産業省「キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗検索のための地図アプリとホームページ上の地図機能を公表しました

iPhone/Android エンジニアが持つべきはどっち?

iPhone/Androidのスマートフォンをどちらで持つのかは、エンジニアにとっては重要な課題です。

なぜなら検証用のスマートフォンは会社から貸与されることもありますが、日常の操作から気づくことや、ユーザーとしての視点を持つことができるからです。

そのためiPhone/Androidのどちらを持つべきなのかは業務で利用する可能性がある、もしくは業務に関連があるOSを選ぶことをお勧めします。

またはiPhone/Androidの二台のスマートフォンを所有するという選択もあります。

実際に業務を意図しているかいないかに関わらず、エンジニアの中には複数のスマートフォン端末を所有しているケースが少なくありません。

趣味で個人的な開発をしている場合もありますが、普段からiPhone/Androidの両方の操作に慣れていることは少なからず開発業務のプラスとなります。

業務でアプリ開発業務としてiPhone/Androidの両方の開発に携わる場合は、iPhone/Androidの両方のスマートフォンを保有するという選択肢も一つです。

【まとめ】iPhone/Androidの将来性は期待できる IT業界の動向に敏感になろう

ここまで紹介してきたように、iPhone/Androidの将来性はまだまだ期待することができます。

iPhone/Androidを搭載したスマートフォンが国内で高い人気を誇ることだけでなくIotの推進やキャッシュレス・ポイント還元事業など追い風となる施策が政府によって推奨されているからです。

また近年のIT業界では、ロボット産業や人工知能などiPhone/Androidが関係してくる可能性がある分野が伸びてきています。

経済産業省が公表している平成29年版情報通信白書の「スマートフォン経済の現在と将来」では、AR/VRにも利用されるようになり、個人にとってのデータ流通の中心になることが予想されています。

現実に2019年時点ではゲームアプリなどを中心に徐々にAR/VR技術が活用されているため、今後もこの流れは続くことが予想できます。

このような背景から今後はiPhone/Androidなどのアプリ開発エンジニア以外にも、参画するプロジェクトによってはiPhone/Androidに関する技術や知識の理解が求められる可能性も考えられます。

iPhone/Androidを搭載したスマートフォンがより生活に密着したものとなることを予想すればiPhone/Androidだけでなく、iPhone/Androidのアプリ開発エンジニアにも将来性はあるといえるでしょう。

参考:経済産業省「平成29年版情報通信白書 スマートフォン経済の現在と将来

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!