エンジニアとして働いている方は今より良い待遇で、今より良い労働条件で働きたいという方が多いと思います。年収一つとっても、同じ仕事をしているならば、同じ時間働いているならば、高い給与を貰えた方が良いと思う方が大半だと思います。

ただ、労働条件が酷い、給与が少ない割に働く時間が長く時給換算するとアルバイトと変わらないといったケースも多くあります。中には辞めたくても辞めさせてくれない企業やパワハラ・セクハラが横行している企業も多数あると聞いています。

そのような企業を総称してブラック企業と言いますが、より良い待遇で働く、良い労働条件で働くためにはこのようなブラック企業を抜け出す必要があります。普段の業務で自分自身が働いている会社がブラックなのかわからない方も多いでしょう。

そこで、今回は自分自身が働いている企業がブラック企業か否かを診断し、今後に繋げる解決策を提案します。

また、長年同じ企業で仕事をしていると、その企業での仕事のルールが体に身に染み、その仕事スタイルが習慣として定着します。ただ、その仕事習慣が時に悪く働く場合もあり、これもなかなか自分では気づけ無いことです。

仕事習慣は自分自身の今後の成長に大きく影響するものですので、ここも自分自身の仕事習慣を診断し、今後に繋げる解決策を提案します。

チェックシートから判定! あなたの在籍する企業はブラック?

自分自身が在籍する企業がブラック企業であるのか判定できるチェックシートを作成いたしました。ここの項目に複数当てはまる企業はブラック企業となります。

ホワイト企業ではあり得ない項目が並んでいるので、エンジニアとして働いている方は是非チェックシートから判定してみてください。

○ or
1.サービス残業がある
2.残業時間が80時間を超えている
3.週に休みが無い日がある
4.給与未払いがある
5.残業代が支払われないことがある
6.採用時と入社時でのギャップが大きい
7.退職届の受け取りを拒否される
8.離職率が高い
9.なかなか昇給しない
10.パワハラ・セクハラが横行している
11.精神疾患によって退職した人がいる
12.プライベートの時間を拘束される

ここにある項目は労働時間面に関するもの、給与に関するもの、人事に関するもの、会社の文化に関するものの4つが並んでいます。

労働時間面に関するものですが、厚生労働省では2ヶ月間以上に渡って残業時間が80時間以上、もしくは1ヶ月以上残業時間が100時間以上というラインを過労死ラインと定めています。

もし、このラインを超えていたら過労死していてもおかしくないという事です。働きすぎによって脳や心臓に疾患を抱えてしまう場合もあり、この際は労災として認定されます。このように労働時間によってブラック企業かどうか規定できます。

続いて給与に関するものですが、残業が支払われないというケースがブラック企業では多いです。特に年俸制である企業や、みなし残業代として残業代を支払っている企業に多く、決められた残業代しか残業代を出さないと決めている企業に多いです。

例えば、みなし残業代が30時間である場合、30時間を超える労働には残業代を出さないといったような企業です。これは明らかに違法であり、ブラック企業として認定できます。

続いて人事に関するものですが、採用時と入社時で条件が異なるなど大量に人を入れるために人事側が虚偽に近いことを言い、応募者を採用する場合があります。大量に人を採用する背景としては離職率が高いため、大量に人を採用しないと会社が回らないという背景があります。

このような企業は辞めたくてもなかなか辞めれない仕組みができている場合も多く、労働者の立場が弱いブラック企業であると言えます。

続いて会社の文化に関するものですが、会社の文化として労働者を人として見ていないような文化がある企業をブラック企業と言えます。例えば、労働者を病気になるまで使い潰す文化があったり、部下にパワハラ・セクハラをしたりという文化がある企業のことです。

このような企業では労働者が非常に働きづらく、ブラックであると言えます。

判定結果からブラック度を判定と解説

判定結果からブラック度を判定と解説

チェックシートの結果はいかがだったでしょうか?ここでは、チェックシートで付いた○の数に応じてブラック度を判定します。

○が9〜12個

○が9〜12個付いた方は完全なるブラック企業に属していると言えます。ブラック企業の基準として4つ説明しましたが、どれか一つでも基準を満たしている企業は他の基準も満たしている企業が多いです。

例えば、残業時間が多い企業はその苦しい環境から離職率が高かったり、残業のストレスからパワハラ・セクハラが横行している場合が多いからです。このように一つの項目を満たしていると他の項目を満たしている場合が多いです。

特に○が9〜12個も満たしている企業に属していると、企業がこのようなブラック体質を改善する気も無く、属している企業がホワイト化する兆しが見える可能性は非常に低いでしょう。思い切って今すぐ転職した方が良いと言えます。

エンジニアとして働いていても必ず定時に帰れる企業や、働いた分の残業代はしっかりと払われる企業は数多くあります。今すぐ転職を検討しましょう。

○が5〜8個

○が5〜8個付いた方はかなりのブラック企業に属していると言えます。ここに属する方は先程紹介した項目のうち2〜3つほど当てはまるのではないでしょうか。

○が9〜12個付いた方よりはましなブラック企業と言えますが、それでもかなりのブラック企業です。こちらも属している企業がホワイト化する兆しが見える可能性は低いと言えます。今すぐ転職を検討したほうが良いでしょう。

○が1〜4個

○が1〜4個付いた方はそこそこのブラック企業に属していると言えます。おそらく先程紹介した項目に1〜2つほど当てはまるのではないでしょうか。

こちらはそこそこのブラック企業であるか、ブラック企業予備軍と言える企業であり、ホワイト化する可能性は○が5〜8個、9〜12個付く企業よりは高いと言えるでしょう。

最近では働き方改革や労基法によって、労働環境の改善や労働時間の削減が徹底されてきています。そのため、ここに当てはまる企業に属している方は転職を検討しつつも今の企業を様子見してみても良いのではないでしょうか。

○が0個

○が0個の方は言わずもがなホワイト企業だと言えます。

こちらの企業に属している方は労働環境や労働時間によるマイナスな悩みよりも、もっと給与を上げたい、もっとやりがいのある仕事をしたいという方が多いのではないでしょうか。

こちらの悩みに関しては他の記事でも紹介しているので、是非エンジニアの転職について紹介している記事を御覧ください。

チェックシートから判定! あなたの仕事習慣

○ or
1.仕事を一回で完璧に仕上げようとする
2.上司に報告・連絡・相談が出来ていない
3.一人で仕事を抱え込む
4.机にあるものを片付けない
5.プッシュ通知を常にONにし、メールは即レスする
6.頼まれた仕事をすべて引き受ける
7.仕事の反省をしない

判定結果からあなたの習慣がどれだけ悪いか指摘する

チェックシートの結果はいかがだったでしょうか? ここでは、チェックシートで付いた○の数に応じて仕事の習慣の悪さを判定します。

○が5〜7個

○が5〜7個付いている方は仕事習慣がかなり悪いと言えます。仕事をする際は上司との関係が密接になります。

まず、上司から自分が作業するべき仕事を振り分けられ、仕事に対する報告やフィードバックを上司から受け、自分が作業したものを上司に提出します。

そのため、上司をいかに味方につけるかが仕事において大事になっています。ここの項目で○が5〜7個付いている方はその点で問題ありといえるでしょう。是非上司ともっと密にコミュニケーションを取り、仕事に対してアドバイスを貰う、協力してもらうように頑張ってみてください。

○が1〜4個

○が1〜4個付いている方は仕事習慣がそこそこ悪いと言えます。ただ、○が付いてしまった項目が少ないので、ここを意識して仕事に望むだけですぐ改善ができるでしょう。

是非、仕事習慣の改善を目標として日々の業務に取り組んでみてください。

○が0個

○が0個付いている方は仕事習慣が完璧でしょう。その仕事習慣を続けていれば、順調に企業内で成長が望めると言えます。

今の仕事スタイルを維持しながら更なる成長に是非繋げてみてください。

まとめ:仕事習慣は成長に繋がる

エンジニアの成長を考察 チェックシートから判定! ブラック企業からの脱出と成長を止める悪い思考法 というテーマで今回はお伝えしました。いかがだったでしょうか? 今回お伝えしたかったことは以下のとおりです。

  1. 労働時間面に関するもの、給与に関するもの、人事に関するもの、会社の文化に関するものの4つで問題がある企業はブラック企業である
  2. 仕事習慣は自分自身の今後の成長に繋がるため非常に重要であると言える

ブラック企業の見分け方と仕事習慣の悪さの基準についてお伝えしました。今回のチェックシートは是非振り返るようにして今後のアクションに繋げてみてください。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!