IT業界という言葉をきいてあなたは何をイメージしますか?

「理系じゃないと難しい業界だ」
「いろんな仕事があってよくわからない」
「専門的なスキルや経験が必要なんじゃないの?」

このようにIT業界に興味があっても、どんな仕事があるのかよく分からないという方は多いのではないでしょうか。

仕事内容が不明確だとどのようなスキルが必要とされているかわかりませんよね。よく分からないし難しそうだからやめておこうなんて方もいるのでは?

IT業界では専門的知識や論理的思考力などのテクニカルスキル、対人能力やコミュニケーション能力などのヒューマンスキルといった様々なスキルが必要とされています。

この記事ではIT業界で働くために必要なスキルをまとめてランキングしました。
それぞれのスキルと必要な理由について解説するので、IT業界で働きたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

IT業界の分類、どんな仕事があるの?

インターネットの普及によりIT業界は急速に発展しました。
提供されるサービスやシステムの進化にともなって業界は年々拡大し複雑になっています。

そんなIT業界は大きく「ハードウェア業界」「ソフトウェア業界」「情報処理サービス業界」「インターネット業界・Web業界」の4つに分類することができます。

またプログラマーやシステムエンジニア等の「エンジニア職」とITコンサルタントや営業等の「非エンジニア職」の2つに分けることができます。

●エンジニア職
・プログラマー
・システムエンジニア
・ネットワークエンジニア
・組込みシステムエンジニア
・社内システムエンジニア

●非エンジニア職
・セールスエンジニア
・ITコンサルタント

エンジニア職と非エンジニア職で仕事内容は大きく異なり、必要な適性や知識も変わってきます。あなたはどちらに適性があるでしょうか??

未経験でも大丈夫!IT業界をおすすめする理由

拡大し続けるIT業界では、新しいサービスウェアやWebシステム、アプリケーションが次々と生まれています。

便利なIT技術を取り入れたいと考える企業は多いですが、実際には現場の人材が不足している現状です。IT業界の求人数は年々増加しており、その求人倍率はおよそ6倍です。

また、求められるエンジニアの数は年々増加していくと考えられており、2年後年には約35万人もの人材不足になるだろうという予測結果が出ています。
募集が多い職種はプログラマーやシステムエンジニア等のエンジニア職ですが、ITコンサルタントや営業といった非エンジニア職も少なからず求人があります。

エンジニア職と非エンジニア職で必要な適性や知識などが違うため、自分に適している職種を選ぶことが重要。ですが、職種にかかわらず必要とされているスキルがあります。必要とされている理由と合わせてランキングにまとめました!

未経験でも大丈夫!IT業界をおすすめする理由

IT業界の必要なスキル 1 コミュニケーションスキル

IT業界で1番必要とされているスキル、それは「コミュニケーションスキル」です!

コミュニケーションというといろんな定義があり、会話力や挨拶、対人能力と幅広い能力が当てはまります。

今回のコミュニケーションスキルとは「他者の求めていることを理解する力」「情報をわかりやすく正確に伝える力」を指します。

IT業界の仕事はパソコンと向かい合って一人で黙々と作業をするというイメージがあるかもしれません。しかし実際は、毎日お客様やプロジェクトメンバーと様々な手段でコミュニケーションをとっています。

お客様に対してはシステムの説明や要件の確認をおこないますが、お客様はIT専門家ではない方が大半です。ITに詳しくない人に対していかにわかりやすく簡潔に説明できるかも重要なコミュニケーションスキルになります。

またプロジェクトメンバーに対してはシステムの仕様を伝達したりプロジェクトの進捗状況を確認したりします。口頭での説明だけでなく、メールやスライド資料など分かりやすい文章で伝達する力も必要です。

IT企業ではチームで仕事をする機会が多くあります。他者と協力して仕事をする力、すなわちコミュニケーション能力がとても必要とされているのです。

IT業界の必要なスキル 2 プロジェクト管理能力

IT業界で2番目に必要とされているスキルは「プロジェクト管理能力」です!
プロジェクト管理能力とはスケジュール管理能力ともいい「タスク管理能力」「リスク管理能力」「伝達能力」といったスキルのことです。

「タスク管理能力」はプロジェクトを予定通り進めるための大きなカギになります。プロジェクト開始から完了までのタスクを最大限細かく分割し、それぞれのタスクの作業時間を正確に割り出します。各タスクに適した人員を配置し予定通りスケジュールを進めることができたかで能力が判断されます。

「リスク管理能力」とは将来発生する可能性のある問題を推察し回避することための能力になります。最も発生しやすいリスクは計画変更にともなうタスクの遅延です。完了していたはずのタスクをやり直すことになりスケジュールが変更になります。

この場合のリスク管理はあらかじめスケジュール変更を予測しておき、複数のスケジュールを用意しておくこと、追加人員を用意しておくこと等があげられます。

今までにあった事例から問題発生のリスクを想定し、対処できればプロジェクトをスムーズに進行することができます。

プロジェクト管理スキルはプロジェクトマネージャーだけでなく作業員個々が持つ必要があります。一人ひとりがタスク管理やリスク管理に対する意識を持つことで品質と納期を守ることができるのです。

IT業界の必要なスキル 3 論理的思考力

IT業界で3番目に必要とされているスキルは「論理的思考力」です!
論理的思考力とは「〇である、だから□なのである」といった矛盾なく物事を順序立てて考えることのできるスキルになります。このスキルは、複雑な要件から明瞭で最適な仕様を導くために重要なものです。

サービスやシステムはお客様の希望を言われるがままに作成しているわけではありません。いろんな視点・角度から仕様を検討し、性能・費用・リスクといったあらゆる面での最適な答えを導き出しています。

例えばプログラムを組むといった一つの作業工程にも、全部品のチェック、プログラムの最適コード、データの型など考えるべきことが多くあります。お客様が望んでいることの最善への解答、論理的に考え続けることのできる力が顧客満足度にもつながってくるのです。

その他必要なスキルとは?

今回紹介したスキル以外でも、IT業界は必要とされるスキルがたくさんあります。

  1. プログラミングスキル
  2. コンプライアンス
  3. カスタマー対応スキル
  4. マネジメントスキル
  5. 資料作成能力
  6. 専門的知識

なかでもプログラミングスキルは有力なスキルです。希望する職種がプログラマではなかったとしてもプログラム言語を1つでも理解していることは強みになります。取り扱うシステムによりJava、PHP、Ruby、COBOLなどといった言語の違いがありますが、理解していると開発・製造ラインにかかわる人と円滑にコミュニケーションをとることができます。

まとめ:スキルをもう一度見つめなす

IT業界で働くために必要なスキルBEST3とその理由をまとめてランキングしました。実際にはもっと多くのスキルが必要とされています。

自分自身がどのようなスキルをもっているのか、どのようなスキルが不足しているのかを理解することがスキル向上への第一歩です。日々スキルを意識して努力を続けることで、自信がつくこと間違いありません。

自分自身の保有しているスキル、不足しているスキルをもう一度見つめなおして新たなキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!