IT業界でスキルアップを目指すなら、もっとも手っ取り早く効果的な方法は「新たな資格を取得する」となるでしょう。自分が携わっている職種や、これから挑戦してみたい仕事に関連した資格を取得すれば、活躍の場はぐんと広がることでしょう。

では、具体的にどんなIT資格を取得したらいいのでしょうか? 今回は資格取得の難易度とあわせてご紹介していきます。

IT資格はそもそも必要か?

そもそもIT業界で働くにあたって、IT資格は必要なのでしょうか?現場の最前線で活躍するエンジニアになると、IT資格はほとんど保有していなかったり、資格取得に興味がないという人も多くいます。

IT系資格を取得するよりも、プログラミング言語を習得したり、実務経験を積んだほうがキャリアアップに役立つという意見もあります。しかし資格があることによって、その人の能力を客観的に評価できるようになるのは、IT業界でも同じことです。

仮にあなたがIT企業の採用担当者だったとして、まだ一緒に働いたことのないエンジニアの能力を確認するのにどんな方法が考えられるでしょうか?経歴や自己PRを参考にする、面接での第一印象を判断材料にする…などが一般的でしょう。

なかでももっとも応募者のスキルを見定めるのに役立つのが、保有しているIT資格です。資格をどれだけ持っているかによって、その人のスキルレベルを推測できるだけでなく、新しいことを勉強していく意欲がある人なのかを知ることができます。

企業からすれば、向上心を持って新たなスキルを学んでいく人を積極的に採用したいと考えるはず。その意味でも、IT資格を取得しておくことには大きな意義があり、キャリアップや転職を考えている人なら特に資格の勉強を優先すべきだといえるのでうs。

IT資格の代表的な種類を整理 

次に、IT資格として代表的な種類をご紹介していきましょう。

IT業界未経験者向け

まずはIT業界未経験者向けの資格についてです。

資格 内容 種類
ITパスポート試験 もっとも基本的なIT資格。IT業界以外の社会人にもおすすめ。 国家資格
基本情報技術者試験(FE) IT業界を目指すなら取得しておきたいスタンダードな資格。 国家資格
応用情報技術者試験(AP) より専門的なIT技術者になるために取得しておきたいハイレベルな資格。 国家資格

日本では国家資格としてIT未経験者向けの資格が整備されています。いずれも難易度はそれほど高くありませんが、IT業界未経験からすると、専門用語などでつまづきがちになるでしょう。

国家資格なだけあって知名度は抜群で、これらの資格を保有しておくことで一定のスキルを備えていると評価してもらえるようになります。ITパスポート試験はもっとも基本的な資格になりますので、必ず取得しておきたいところです。

専門的なエンジニアを目指す人向けの資格

次に、より専門的なエンジニアを目指す人向けの資格です。

資格 内容 種類
情報セキュリティスペシャリスト試験 セキュリティエンジニア向けに、情報セキュリティを深掘りする資格。 国家資格
ネットワークスペシャリスト試験 最適なネットワーク構築に必要な、設計・運用に関する知識を問う資格。 国家資格
データベーススペシャリスト試験 データベースの扱いについて専門的な技術を問う資格。 国家資格
エンベデッドシステムスペシャリスト試験 エンベデッドシステム(組込みシステム)の開発に必要な知識・技術を問う資格。 国家資格
システムアーキテクト試験 システムの開発に必要なアーキテクチャ設計に関する技術を問う資格。 国家資格

ここで紹介したのもすべて国家資格です。「独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)」が実施している試験であり、それぞれの職種名が資格名に付けられていることが特徴です。いずれも簡単に取得できる資格ではありませんが、履歴書に書かれていると専門的な技術を持っているエンジニアだと高い評価を受けることができます。

ベンダー資格

ここまでは国家資格を中心に紹介してきましたが、もちろんベンダー資格(民間資格)も存在しています。各分野を目指そうと考えるなら取得しておきたい、ベンダー資格についても触れておきましょう。

資格 内容 種類
Linux技術者認定試験 Linux OSに関して、知識や技術が問われる資格。 ベンダー資格
ORACLE MASTER オラクルデータベースに関して、知識や技術が問われる資格。 ベンダー資格
シスコ技術者認定 ネットワーク機器として使われるシスコ製品について、知識や技術が問われる資格。 ベンダー資格
Android技術者認定試験 Android OSに関して、知識や技術が問われる資格。 ベンダー資格
Oracle認定Javaプログラマ Java言語に関して、知識や技術が問われる資格。 ベンダー資格

ベンダー資格は、先ほど紹介した国家資格よりもさらに狭い分野を深く追求していく資格になりますので、自分が携わっている仕事内容に合わせて取得していくことが求められます。受験料も資格によって大きく変わりますので、可能な限り会社で支給される資格取得支援制度を利用するのがおすすめですよ。

各IT資格の難易度を5段階☆評価

ここまで紹介した13の資格について、5段階で難易度をチェックしてみましょう。

資格 難易度 合格率(平成31年実績)
ITパスポート試験 51.7%
基本情報技術者試験(FE) ★★ 25.6%
応用情報技術者試験(AP) ★★★ 23.1%
情報セキュリティスペシャリスト試験 ★★★★ 14.9%
ネットワークスペシャリスト試験 ★★★★ 15.4%
データベーススペシャリスト試験 ★★★★★ 14.4%
エンベデッドシステムスペシャリスト試験 ★★★★ 16.0%
システムアーキテクト試験 ★★★★★ 12.6%
Linux技術者認定試験 ★★★(受験種類による) 非公開
ORACLE MASTER ★★★(受験種類による) 非公開
シスコ技術者認定 ★★★(受験種類による) 非公開
Android技術者認定試験 ★★★(受験種類による) 非公開
Oracle認定Javaプログラマ ★★★(受験種類による) 非公開

国家資格となっている8資格については、毎年の受験者数と合格率が公表されています。これをもとに考えると、自分のスキルレベルに合わせた難易度の資格を選ぶのは難しくありません。

ただし、データベーススペシャリスト試験やシステムアーキテクト試験などの上位資格になってくると、合格率が10%前半となり、かなりの難関となることが予想されますので入念な準備が必要となります。

試験の日程は、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の公式HPで公開されていますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

参考:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

なお、ベンダー資格の5資格については、各資格の受験者数や合格率は公開されていません。したがって相対的な難易度を予想するのは難しくなってしまいますが、各資格で初級者向けから上級者向けまで、ランク付けされた試験が実施されているものがほとんどです。

たとえば「Linux技術者認定試験」の場合、レベル1、レベル2、レベル3の3区分で試験が行われています。まずはレベル1の試験を受験したり、テキストを参照してみたりして自分が求めるスキルレベルに見合っているかを判断するとよいでしょう。

まとめ :IT資格は取得しておきたい

IT業界で活躍したいと考えるのであれば、IT資格はぜひとも取得しておきたいところです。しかし各試験の難易度がどのくらいかわからず、なかなか手が出せないことも多いでしょう。そんなときにはこの記事の難易度目安を参考にして、受ける資格を検討してみてください。

より難易度の高い資格を多く取得して、市場で評価されるエンジニアを目指しましょう。

今すぐシェアしよう!
今すぐシェアしよう!